性能・仕様性能・仕様

年々、建築技術や住宅資材が進化するように、私たちの腕と発想も日々、進化熟練を続けています。
寺田建築では高性能でエコな家づくりを目指しています。

高気密・高断熱・高耐震構造の快適な住まい

寺田建築ではすぐれた高気密・高断熱・高耐震性能を実現したスーパーウォール工法(以下SW工法)を採用しています。
SW工法で建てた住宅は保温性が高く、冷暖房の効率を高めるので、夏涼しく、冬暖か。24時間換気システムなどさまざまな機能で、日々快適にすごせる室内環境を実現し、次世代省エネ基準にも適合します。また、さらに耐震・耐久性にも優れた住宅ですから、地震や台風の時にもご家族の安全と財産を守ります。

家族の命と財産を守るSW工法を採用

SW工法とは在来木造軸組工法をベースに独自の高性能パネルを用いた、
高気密・高断熱・高耐震構造です。
地震への安心感や優れた省エネルギー性能はもちろん、
冷暖房や計画換気システムを組み込むことで快適な住環境を実現します。

SW工法

HEAT20 G2達成 快適な住環境と省エネを実現

HEAT20は、一般社団法人「20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会(Society of Hyper- Enhanced insulation and Advanced Technology houses for the next 20 years)」の略称。省エネルギー基準(平成28年基準)やZEH基準よりも高い断熱性能水準です。

外皮平均熱貫流率(UA値)の基準

HEAT20はまた、「室温」と「エネルギー」という指標で断熱性能を示すことも提案しています。
下記の通り、HEAT 20 G2を達成することで、快適な住環境と省エネを実現します。

HEAT20

【室温】 暖房期最低室温(6地域の場合) 平成28年基準 概ね8℃を下回らない

G1
概ね10℃を下回らない
G2
概ね13℃を下回らない

【エネルギー】 平成28年基準からの削減率(6地域の場合)

G1
約40%削減
G2
約55%削減

高気密住宅の証  全棟C値0.5以下達成の住まい

高気密住宅とは、隙間が少ない家のことを指しています。 そして気密性能を数値化したのが、建物の隙間面積の割合を示すC値(シーチ)。 C値も小さければ小さいほど気密性能が高いことを意味しています。 気密性が高くなるスーパーウォール工法ですが、基準はC値1.0。 寺田建築は全棟無料で気密測定し、全棟でC値0.5以下を達成しています。

性能に自信あり

技術力に自信があるから、 全棟気密測定を実施

UA値は設計時に算出しますが、C値は施工時に気密測定を行い、実測する必要があります。そこで問われるのは施工力・技術力の高さ。職人の手による木造軸組工法の家は、壁や天井、床などに見えない隙間ができてしまうことがありますが、寺田建築がC値0.5以下を実現できるのは、長年の経験と施工力・技術力を持ち合わせた自社職人の手による施工だから。寺田建築では全棟で気密測定を実施し、お施主さまにC値をお伝えしています。

気密測定

大切な家族と住まいを守る 耐震等級3+制振

寺田建築では、在来木造軸組工法がベースでありながら、 高性能パネルを用いることで箱型の構造となり、 地震の揺れを建物全体に分散させ、ひずみやくるいに強い躯体を実現しています。

スーパーウォール工法
耐震等級

耐震等級の重要性

2016年の熊本地震は、震度7が2度発生するこれまでにない地震でした。発生後に実施された調査では、被害が著しい地域にあった建物の中で耐震等級3の建物は大きな損傷が見られず、大部分が無被害だったと報告されています。
(調査エリア内にあった耐震等級3の建物は16棟。そのうち14棟が無被害で、2棟が軽微・わずかな損傷)

耐震+制震で地震に備え

寺田建築が用いるパネルは、高耐力の構造用パーティクルボードと硬質ウレタンフォームの断熱材を一体化したもの。制震仕様は、このパネル1枚1枚に制震機能を持たせて、家全体を地震に強くしています。
制震の要となるのが「制震テープ」です。建物の柱や梁との間に挟みこまれた制震テープは、地震の揺れに抵抗、繰り返す揺れにねばり、ズレやクギの曲がりを少なくします。

これにより何度揺れが来ても建物の変形が進みにくく、建物の揺れを最大で1/2に軽減。 建物の一部に負荷がかかることなく、家全体で揺れを抑える仕組みを実現しています。 本社展示場では模型を使って制震テープの効果もご覧いただけます。
ぜひお気軽にお越しください。

寺田建築の5つの魅力

  • 1
    温度差が小さい

    温度差が小さい

    一年を通して快適な環境を維持できます。また、保温性が高く冷暖房効率がよいので、部屋の上下の温度差が小さく快適です。

  • 2
    地震や台風に強い

    地震や台風に強い

    独自のパネル構造で耐震性・耐風性を高めています。永く安心して暮らせる、耐久性があります。

  • 3
    音が静か

    音が静か

    家全体の気密性が高いので、外からの騒音を低減します。室内からの音漏れも抑えます。

  • 4
    空気がきれい

    空気がきれい

    外からの空気を常に取り入れ、室内の汚れた空気を排出し、室内の空気のよどみが少ない。ほこりが溜まりにくくなります。

  • 5
    地震や台風に強い

    省エネルギー

    SW工法の住宅は保温性が高いので、暖房を停止しても温度の低下はゆるやか。暖房を再び開始して快適な室温にするまでのエネルギーも少なくてすみます。

エネルギーゼロの暮らしをもっと身近に。ゼロエミッション計画

自動車がガソリンから電気に変わりつつあるように、家づくりも時代とともに変わっていきます。
暮らしで使うエネルギーをできるだけ少なく、そして暮らしのエネルギーを自給自足する「SWゼロエミッションの家」は、これからの家づくりを考える、寺田建築からのご提案です。

  • 小さく建てて、賢く暮らす

    ゼロエミッションは"コンパクト設計の家"が基本。"少ないエネルギーでおトクに快適に暮らせる"、"省資源で環境に優しく建築コストを抑えられる"、"ちょうどいい暮らしのサイズで家族の絆を深める"など、一歩進んだECOな暮らしをご提案します。

  • 賢い換気システムで1年中快適

    SWは上下の温度差、部屋間の温度差が少なく、ヒートショックも防ぐことができます。また、高性能な熱交換換気システムで、快適な室温・湿度を保ちながらいつもキレイな空気環境を実現します。

  • 風を科学して、夏を涼しく
    自然の風を活かす暮らし

    これからの住まいは「省エネ」から、暮らしのエネルギーを創り出す「創エネ」時代にシフトしていきます。昼間は太陽光で発電した電気を使い、余った電気を売電、夜は電力会社から買電。さらに蓄電器を備えることで、もしもの時も安心です。

  • 家庭菜園を楽しむように電気を自給自足

    「オフグリッド」と呼ばれる未来の暮らし方。太陽光発電などで家庭菜園で野菜を作るように電気を自給することができます。寺田建築では優れた省エネルギー性能の家を建築することで日々の快適な暮らしを実現いたします。