スタッフブログスタッフブログ

寺田建築の家づくり

2022.03.24

知ると気になる、屋根の端のあの角度。勾配軒天・水平軒天とは|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

住宅の屋根にはさまざまな形状があり、建物の外観の印象を大きく左右します。切妻屋根など「軒(のき)」がある形状の場合、軒天(のきてん)」や「鼻隠し(はなかくし)」の角度で建物の雰囲気が変わることも。これまで注目していなくても、違いを知ると気になる、そんなお話です。

 

「屋根の形状について」詳しくはこちら

 

軒天・鼻隠しとは

 

家や建築に関する用語は聞きなれないものも多いですよね。屋根まわりも軒天鼻隠し破風(はふ)など、決して一般的でない言葉が並びます。
軒は外壁から外側に突き出している屋根部分、軒天は軒の裏、鼻隠しは軒の先端に取り付ける板状の部材、破風は屋根の妻側(※)に取り付ける板状の部材を指しています。

 

※屋根の勾配を横から見て三角になっている部分

 

 

デザインの違い

 

実は軒天には2種類の形状があります。それが「勾配軒天」と「水平軒天」。
勾配軒天は軒天が屋根と平行になっていて、水平軒天は軒天が地面と平行になっています。
さらに軒の先に取り付ける鼻隠しは、勾配軒天では屋根と直角になり、水平軒天では地面と直角になります。

 

これらはメリット・デメリットというよりは、デザインの好みによるところが大きいと考えています。ちなみに和風建築の究極のような数寄屋づくりは勾配軒天。その意味では、和風住宅は勾配軒天洋風住宅は水平軒天と捉えている方もいるようです。

 

寺田建築の家で多いのは、勾配軒天屋根に直角の鼻隠しを採用するデザイン。水平軒天と地面に直角の鼻隠しの場合、破風の軒先側に箱ができる形状になります。

 

外観デザインを見る際など、参考にしてみてください。