スタッフブログスタッフブログ

寺田建築の家づくり

2022.02.08

基礎は2種類。布基礎とベタ基礎のメリット・デメリット|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

住宅建築の際は、建物そのものの構造や耐震性に注目しがちですが、安心して暮らすためには基礎も非常に重要です。今回は2種類の基礎と、寺田建築が採用している基礎の構造をお伝えします。

 

布基礎とベタ基礎

 

住宅の基礎は「布基礎」と「ベタ基礎」があります。

 

布基礎は古くからある構造です。T字を逆さにしたような形状の鉄筋コンクリートが建物を支えます。基礎のない部分は防水シートを敷き、その上にコンクリートを敷き詰めますが、この部分には建物を支える強度はないため、布基礎は「点と線」で支える構造ということになります。床部分に鉄筋を使わないためコストを抑えやすい一方、耐震性では不利な面もあります。シロアリ被害を受けやすいのもデメリットです。

 

ベタ基礎は、床下全体に鉄筋コンクリートを流し込む構造です。立ち上がり部と床一面に強度があり、建物全体を「面」で支える構造。荷重を分散させるため、耐震性に優れているのが大きな特長です。湿気が建物に上がりづらく、シロアリの被害を防ぎやすいのもベタ基礎のメリット。ただ、全体に鉄筋コンクリートを配するため、布基礎と比較するとコストが高くなります。

 

現在はベタ基礎が主流ですが、それぞれにメリット・デメリットがあり、考え方は住宅会社次第。寺田建築では耐震性に優れたベタ基礎を採用しています。

 

耐震等級3

 

基礎には建物を長期にわたりまっすぐに保つ、地震による横向きの力を受け止めるという役割があります。こうした重要な役割のある基礎の強度を高めるポイントが「配筋」です。鉄筋の太さ・間隔、重なり、補強、アンカーボルトなど、建物に応じた最適な配筋は非常に重要。

 

寺田建築では耐震等級3を取得する設計を基に、建物ごとに最適な基礎の仕様を決定します。建物が建った後は見えない基礎ですが、安心・安全な暮らしのために確実に施工することが重要です。