スタッフブログスタッフブログ

寺田建築の家づくり

2021.12.02

エアコンはどう使う?高気密・高断熱住宅の冷暖房について|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

寺田建築は、スーパーウォール工法と精度の高い施工による高気密高断熱の家を建てています。
今回は、高気密・高断熱住宅における冷暖房についてお伝えします。

 

冷暖房効率が良い高気密・高断熱住宅

 

断熱性能が高いと、外気の影響を受けにくい上、室内の暖かさ・涼しさを逃さないため冷暖房の効率が高まります。
さらに、気密性能を高めることで、内外の空気の出入りが少なくなるため、ますます空調効率は上がり、省エネが実現します。

 

つまり、高気密・高断熱の家は必要最低限の空調の稼働で、快適な空気環境がつくりやすいと言えるのです。

 

連続運転でも省エネ

 

私たちはお引き渡しの際、「真夏・真冬はエアコンをつけたままにしてください」とお伝えしています。
真夏は特に、日中の留守の間に暖まった空気が壁まで熱くして、それを冷やす際にエアコンをフルパワーで運転する必要があります。
このときに余分なコストがかかってしまうため、高気密・高断熱の家では日中もゆるくエアコンを運転しておいた方がむしろ、トータルコストが抑えられるという考え方です。
寺田建築では太陽光発電パネルを搭載する家も多いため、日中の電気代はかからずお得。
高気密・高断熱なら空調効率が良いためロスが少なく、エアコンを連続運転していてもエネルギーを無駄にしません。

 

吹き抜けがあれば、エアコン1台で家中を快適な温度にできる場合も。
冷気は下、暖気は上に向かうため、ドアを開け放った上で夏は2階、冬は1階のエアコンを稼動させておくと良いでしょう。

 

エアコンを選ぶ際はカタログに対応畳数の記載がありますが、高気密・高断熱住宅にはオーパースペックとなる場合もあります。
建物のQ値(熱損失係数)、C値(相当隙間面積)から最適なエアコン能力の目安がわかり、記載より小さなエアコンで十分なケースもあるため、お引き渡しの際などに直接ご相談ください。

 

ファンヒーター/ストーブは使用不可

 

暖房について注意していただきたいのは、石油・ガスファンヒーター/ストーブの使用。
空気の出入りが少ない高気密高断熱住宅では、ファンヒーター/ストーブを使うと一酸化炭素中毒などの危険があります。
スーパーウォール工法の家でも、これらは使用できません。

 

エアコン以外の暖房器具がほしい場合、オイルヒーターが有効です。
空気が汚れず、乾燥もしにくいためおすすめです。

 

今回は高気密・高断熱住宅と冷暖房についてお伝えしました。
家づくりの際はぜひ、参考にしてみてください!