スタッフブログスタッフブログ

寺田建築の家づくり

2021.10.07

ご要望がダイレクトに伝わることの大切さ|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

家づくりの際、プランや仕様の打ち合わせでお客さまのご要望をうかがうのは当然のことですが、着工後はどうでしょうか。
寺田建築では、家づくりの全ての段階でお客さまとのコミュニケーションを大切にして、理想の暮らしが実現するお手伝いをしています。

 

■チームで行う家づくり

ハウスメーカーなどの場合、営業、設計、インテリアコーディネート、施工と全て部門が分かれていて、基本的には営業担当者を通してやりとりすることが多いと思います。
着工前の打ち合わせでは、設計やインテリアの担当に要望を伝える機会もあるかもしれませんが、着工してからは基本、何かあれば営業担当者を通して話すケースが多いのではないでしょうか。

家づくりをチームで行う寺田建築は、設計担当者が営業担当でもあり、現場では自社の社員大工が現場監督として施工を進めます。
着工式にはお客さまの家づくりに携わる多くの協力会社が参加
全ての人がお客さまと相対して家づくりを進めていきます。

 

■現場でのコミュニケーション

お客さまからは、「現場の大工さんに相談して対応してもらえてよかった」「現場を見にくるたび、色々と教えてもらって楽しかった」というコメントをいただくことがあります。
寺田建築の自社大工として、お客さまのご要望を叶えるにはどうすれば良いか真摯に考えるため、ご要望を直接うかがう場面も多くあります。
工事に直接反映させられるため、伝言ゲームで要望が伝わらないこともなく、理想をかたちにしやすいのもメリットです。

 

家づくりを進める中では、実際の建物、間取りを見て気になることが出てきたり、新たな発想があったりするものです。

多くの方にとっては一生に一度きりの家づくり。
せっかくの機会ですので、事務所でも現場でも大いにコミュニケーションを取りながら、納得のいく一邸を建てましょう。

 

お客様の声でお施主様から頂いた建築中のエピソードをご紹介しているので、ぜひご覧ください。
https://teradakentiku.co.jp/voice