スタッフブログスタッフブログ

寺田建築の家づくり

2021.09.07

気密測定は全棟実施!|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

寺田建築はスーパーウォール工法による高気密・高断熱住宅をご提供しています。
今回は高気密であることのメリットと寺田建築の取り組みについてお伝えします。

 

■省エネと遮音性

 

気密性が高い」とはつまり、建物の隙間が少ないということです。

 

隙間があると夏は蒸し暑い外気、冬は冷たい外気が家の中に入り、冷房の冷気や暖房の暖気が外に逃げてしまいます。
そのため、高気密な家の一番のメリットは外気の侵入と室内からの空気漏れを防ぎ、空調効率が高まること。
エアコンの稼働を抑えても快適な空気環境を保てます。
省エネで電気代を節約できるのもうれしいですね。

 

外気ばかりでなく、音を通しにくいのも高気密ならではのポイント。
車など外からの音の侵入、楽器など中からの音漏れを防ぐ遮音性の高い住まいが実現します。

 

換気効率もよくするため、効率的に空気を入れ替えできるのも高気密住宅のメリットです。

 

■C値で気密性を明確に

 

建物の隙間の大小は当然、目で見てわかるものではありません。
そこで、建物の隙間面積の割合を示す数値として用いるのがC値(シーチ)です。

 

寺田建築では「気密測定」を全棟無料で実施して、その家の気密性を表すC値を明確にしています。
気密測定は、スーパーウォールパネル(断熱材)と開口部のサッシを施工した後に実施。
もちろん、測定時にお施主さまに立ち会っていただくことも可能です。

 

値が小さければ小さいほど高気密を意味するC値ですが、寺田建築の基準は全棟0.5以下
これまでに施工したスーパーウォールの家全棟の実績が残っているため、実例ごとのC値をお伝えすることもできます。

 

高気密住宅をお求めの方は、ぜひ寺田建築までお問い合わせください。