スタッフブログスタッフブログ

寺田建築の家づくり

2021.07.15

寺田建築の家は耐震等級3を取得しています|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

家づくりにおいて、地震への備えは非常に大切なポイントです。
耐震性の高さ=地震への強さにこだわり、いつ発生するかわからない大地震に備えておくことは、ご家族を守り、安心・安全な暮らしの実現にもつながります。

 

耐震等級について

 

耐震等級は1~3まであり、建築基準法で定められているのは、最低限の耐震性能である耐震等級1です。
数十年に一度起こりうる地震(一般的な耐用年数の住宅では一度は遭遇する可能性が高い)に対して、大規模な工事が伴う修復をするほどの著しい損傷が生じないこと。
数百年に一度起こりうる地震(一般的な耐用年数の住宅では遭遇する可能性が低い)に対して、損傷は受けても人命が損なわれるような壊れ方をしないこと。
耐震等級1として、上記のような目標が設定されています。

 

これを基準に、1.25倍の耐震性能がある建物が耐震等級2、1.5倍の耐震性能がある建物を耐震等級3としています。

 

参照:地震などに対する強さ(構造の安定) | 一般社団法人 住宅性能評価・表示協会

 

 

耐震等級3が安心な理由

 

消防署や警察署など災害復興の拠点ともなる防災施設には耐震等級3の建物が多くあります。
耐震等級3は現在の最高等級であり、大きな地震が来てもダメージが少ないため、地震後も住み続けられる安全な建物と言えます。

 

2016年に発生した熊本地震では震度7の揺れが2回起きましたが、耐震等級3の建物が2回の大きな揺れに対し、大きな損傷が見られず、大部分が無被害だったという調査結果もあるのです。

 

参照:国土交通省 住宅局「熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会」報告書のポイント

 

全棟で耐震等級3取得

 

寺田建築では現在、全棟で耐震等級3を取得しています。
建物の重さ、耐力壁の量、耐力壁や耐力金物の配置、床の耐震性能など、耐震性に影響ある要素を考慮して設計することで、安心・安全な住まいを実現します。

 

 

耐震等級3取得により、地震保険50%割引住宅ローンの金利優遇(フラット35SのAタイプで、当初10年間の金利が0.25%引き下げられる)などのメリットもあります。

 

耐震等級3取得による万全の備えと安心の暮らし。
これから家づくりをされる方は、ぜひ耐震等級3の家を検討してみてください。