スタッフブログスタッフブログ

寺田建築の家づくり

2021.06.08

寺田建築の太陽光発電|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

2030年に向けた温室効果ガスの削減目標が議論される中、環境大臣が「住宅への太陽光発電の設置義務化」を発言するなど、環境問題への取り組み、省エネ・創エネは個人レベルでも重要なものとなっています。

 

環境への影響と考えると少し大げさですが、光熱費の負担を減らすなど設置の効果を実感しやすいのが太陽光発電です。

 

 

設置をためらう理由

 

家計の助けとなる太陽光発電ですが、設置をためらう方もいらっしゃいます。
その理由の一つに建物への影響があります。

 

よく耳にするのが、屋根にパネルを設置する際、屋根材に穴を開けて固定するため、そこからサビが発生したり、雨漏りしたりと、建物を傷めてしまうのではないかという懸念です。
また、重量のあるパネルを屋根に載せることで、建物の構造や耐震性に影響が出ることを心配される方もいます。

 

確かに、既存の建物にパネルを設置する際は、こうしたリスクがゼロではありません。
今のお住まいへの設置を検討されている方は、設置する業者にしっかりと話を聞くことも重要でしょう。

 

寺田建築では新築時に太陽光発電を設置する際、こうしたリスクを回避して施工しています。

 

屋根を傷めない施工

 

寺田建築では太陽光パネルを取り付ける際は、特殊な金具を使用して固定します。
屋根材に穴を開けないため、サビや雨漏りの心配がなく安心ですね!
特殊金具は屋根材の種類によって取り付けできない場合もあるため、新築時に施工するメリットとも言えるでしょう。

 

 

また、設計の段階からパネルが屋根に載ることを想定するため、耐震性、建物の強度を損なうことなく太陽光発電を設置することが可能です。

 

家づくりにあたり太陽光発電の導入も視野に入れている方は、ぜひ寺田建築までご相談ください。

 

高気密・高断熱の寺田建築の家は、基本的には太陽光発電を設置すれば、ZEH(ゼロエネルギー・ハウス)仕様の家になります。

 

寺田建築における2020年度のZEH・Nearly ZEH実績は50%。
2025年度の数値目標は75%としています。
詳しくは、こちらのページもご覧ください。
https://teradakentiku.co.jp/event/2020zeh