スタッフブログスタッフブログ

寺田建築の家づくり

2021.03.04

窓・サッシを選ぶときに考えたいこと【断熱編】|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。
前回のブログでは、窓と気密性の関係についてお伝えしました。

 

「窓・サッシを選ぶときに考えたいこと【気密編】」はこちら

 

今回は、気密性と同じく、住宅性能の大切な要素である断熱性の関係をご紹介します。

 

開口部の断熱を

 

建物の断熱性能を高めるにあたり、開口部の対策はとても重要です。
熱は開口部(窓やドア)から逃げやすく、壁に断熱材を入れるだけでは建物全体の断熱性能は上がりません。
寒さ、暑さを抑え、どの季節でも快適な住み心地を実現するためには、断熱性能が高い窓(サッシ・ガラス)を選ぶ必要があります。
断熱性能が上がれば冷暖房の効率が高まり、毎月の冷暖房費を抑えることもできますよ!

 

 

高性能なハイブリッド窓

 

寺田建築では標準仕様として高性能な「ハイブリッド窓」を採用しています。
アルミと樹脂のハイブリッド窓は、「耐久性」「意匠性」「採光性」が高いアルミと、「断熱性」「防露性」が高い樹脂が融合し、それぞれのメリットを生かします。
アルミと樹脂の特性に配慮したサッシ構造が断熱性能を高め、さらにアルゴンガス入りのLow-E複層ガラスを採用することで、一般的な複層ガラスに比べて低い熱貫流率(※)が実現します。

 

※熱貫流率…U値。熱の移動が生じる際の、熱の伝えやすさを表す。数値が低いほど、熱が伝わりにくい=断熱性能が高い

 

 

寺田建築ではサッシ構造やガラス、注入ガスの種類などにより、より断熱性能を高めた製品を選んでいただくことも可能です。
数や位置、間取りによって、窓が建物全体の断熱性に及ぼす影響はさまざまなので、予算なども含めて一緒に検討していきましょう。

 

 

高気密・高断熱は快適な暮らしに欠かせないポイントであり、両立させることが大切です。
窓は気密性・断熱性の両方に影響する重要な要素
家づくりの際は、窓の性能にも注目してみましょう。