スタッフブログスタッフブログ

寺田建築の家づくり

2020.06.04

家づくりと家具づくり|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

寺田建築では、造作家具にも力を入れています。

木の家にはやはり、自然素材の家具がなじみますよね。

家づくりのときこそ、一生ものの家具づくりを考えてみてはいかがでしょうか。

 

定番の造作家具

 

造作家具の定番と言えば、TVボードやカップボードを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

いずれも生活空間の中で自然に目につく場所にあるもの

インテリアの一部として、柱や床、壁と調和のとれたデザインにすることが大切です。

単体の家具として購入すると、どうしても木の質感や色味、風合いに統一感を持たせるのは難しくなります。

しかし、家づくりのタイミングであれば、同じ材料を用いてつくることが可能。

調和のとれた室内空間をつくり上げるのもまた、質の高い家づくりの一環です。

 

 

最近は、壁に小さな棚を取り付けることも増えました。

写真などの小物を飾っておくための、ちょっとしたスペース。

細部に統一感を持たせるのも大切ですね。

 

デスクやカウンターにも木の質感を

 

在宅勤務や休校が続き、親も子も家で過ごすことが多くなりました。

新型コロナウイルスの感染拡大が収束したとしても、今後、家の中で仕事をしたり、勉強したりする機会が増えると予想されます。

 

そんなとき必要になるのが、PCや教科書を開くためのデスクやカウンターです。

書斎のデスクはもちろん、リビングやダイニングに設置するカウンターなども造作家具にすれば、少し気分が変わりそう。

 

中にはクローゼットのスペースを利用してカウンターを取り付け、お子さん用の勉強机にしたお宅もありました。

 

長い時間触れる場所だからこそ、やわらかな木の質感、感触を味わっていただければと思います。

 

造作家具はある意味、家の一部。

住む人を見守り、一緒に成長する、大工職人からの心のこもった贈り物です。