スタッフブログスタッフブログ

寺田建築の家づくり

2020.04.14

天井はやはり高い方がいい!?|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

注文住宅の家づくりでは、天井の高さが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
なんとなく天井が高いと開放感があっていいなあとお考えの方も多いと思いますが、実際にはどのような高さに設定されるのでしょうか。

 

寺田建築では基本的に、1階を2メートル50センチ、2階を2メートル40センチとしています。
高気密・高断熱の建物は、容積を大きくすればするほど性能が下がる余地が出てきてしまうため、極端に高い天井はおすすめしていないのが実情です。

 

以前は2メートル40センチが標準的だった天井の高さ。
これは鴨居(上枠)※の高さが関係しています。

 

※和室の襖や障子などの建具を立て込むために、引き戸状開口部の上枠として取り付けられる横木を鴨居、ドア等の開き戸の場合は上枠といいます。以下、戸やドアの高さとお考えください。

 

 

以前は5尺8寸(1メートル76センチ)が標準だった鴨居。
この高さであれば、2メートル40センチの天井でも高く感じたものです。
ただ、平均身長が伸びたこともあってか、その後鴨居の高さは2メートルに。
その結果、以前の天井高では低く感じるようになり、現在は2メートル50センチと設定しているのです。

注意したいのは和室と洋室の違いです。
和室は床座で過ごすことが多いため、天井の高さが逆に気になってしまうことがあります。
5尺8寸(1メートル76センチ)の鴨居、2メートル40センチの天井の方が、見た目のバランスがとれ、落ち着いて過ごせるという方もいるのです。
つまり、戸やドアの高さと天井の高さのバランスが重要ということ。

 

その意味では天井の高さ、開放感のために「ハイドア」を採用するのも有効です。
天井まであるハイドアは、空間を広く感じさせる効果があり、部屋がスッキリとした印象になります。

 

室内空間の雰囲気ががらりと変わるので、ご興味がある方は、完成見学会などでご確認ください。

家づくりの際は、天井高についても意識して、実物をいくつか見ておくのが良いでしょう。