スタッフブログスタッフブログ

寺田建築の家づくり

2020.02.11

狭小地、騒音地域でも快適な住宅を|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」


こんにちは、寺田建築です。

家づくりにあたりこれから土地を探す方は、さまざまな条件を挙げてご自身にとって最良の物件を選ぶことができます。
一方、すでに土地をお持ちの場合、割安な土地を選ばれた場合などは、条件に合わせた建築が必要。
場合によっては、狭小地や騒音のある地域に家を建てることもあります。

過去には間口3.3メートル、奥行き17メートルで延床面積が約30坪という家を建てたこともあります。
外観は確かに細長い建物ですが、中は3LDKのスタンダードな間取りで、狭く感じることはありません。

他にも侵入経路をつくるために同じ敷地内にある別の建物をリフォームした家、隣家との隙間がないため斜めの状態で壁をつくった家など、それぞれの土地の条件に応じてさまざまな工夫をこらし施工してきました。

規格化された資材で家を建てることが多い大手ハウスメーカーと違い、狭小地など条件がある土地への建築も、一棟一棟実現の方法を探るのが寺田建築流です。

狭小地への建築で重要なのは、周囲の環境です。
車両の出入り、資材の置き場所など、施工中は広いスペースが必要です。
このとき隣の敷地を使用させていただく場面が想定されるので、事前に確認しておくのも良いでしょう。

一方の騒音地域。
こちらはSW(スーパーウォール)工法が優れた遮音性能を発揮します。
SW工法の家の室内は、周囲の騒音が睡眠や勉強の妨げにならないほど静かな空間。
高気密な施工、高断熱サッシ・ペアガラス仕様が、音のストレスがない快適な室内を実現します。
これまでにも高速道路沿い、線路沿いなどに家を建ててきましたが、多くの方がその静かな室内環境に驚かれました。

私たちは、どのような条件下でもお客さまの理想の住まいが実現するよう、最善を尽くしています。
狭小地や騒音地域への建築をご検討中の方も、ぜひ寺田建築にご相談ください。