スタッフブログスタッフブログ

寺田建築の家づくり

家づくりノウハウ

2019.11.05

断熱性能はグラスウールの約2倍!?|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

木造軸組工法をベースに高性能スーパーウォールパネルをプラスした、高気密高断熱高耐震な寺田建築の家。
スーパーウォール工法で建てた家は、保温性が高く冷暖房の効率を高めるため、夏すずしく、冬あたたかいのが特長です。

 

スーパーウォール工法で採用する断熱材は、高性能な硬質ウレタンフォームです。
この断熱材は湿気を通しにくく、なんとグラスウールの約2倍という断熱性能を誇ります。

 

建物内の温度差が小さく、一年を通して快適な環境を維持できるのが、高断熱の家の大きなメリット。
冷暖房効率もいいので、部屋の上下の温度差が少ない快適な暮らしにつながります。
暖房が効いたあたたかいリビングなのに、「足元だけ寒い」といったことがありません。
各部屋はもちろん、脱衣所やトイレと居室の温度差も少ないのは、ヒートショック対策としても安心です。
家庭内の事故として増加傾向にあり、突然死のリスクがあるヒートショックを防ぐことにもつながるのです。

 

高性能な硬質ウレタンフォームは、独立気泡フォームで、小さな硬い泡(セル)が独立した気泡となり、湿気を通しにくい構造が実現します。
壁内部の結露を抑えることができ、建物の耐久性向上にも効果を発揮するのです。

 

生産は、温湿度環境や発泡面の温度、発泡方法など、管理を徹底したLIXILの工場。
安定した品質を維持することが可能です。

 

LIXILは断熱材内部の結露による劣化に対し、35年間の保証をつけています。
新築住宅には10年間の瑕疵保証制度があり、建物に不具合や欠陥があった場合は原則、売主や施工会社が補修などを行います。
ただし、対象となるのは基本構造に関するもので、断熱材などは含まれていません。
スーパーウォールの断熱材に絶対の自信があるからこそ、35年間の無結露保証ができるのです。