投稿日:

施工事例 袋井市K様 後編|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。
前回につづき、寺田建築でくつろぎの注文住宅を建てた袋井市のK様のご自宅を紹介します。

和・木をメインに」がコンセプトのK様邸。
写真を見ていただければ、木の素材を生かした空間が家中にあることがわかると思います。

ドアや床材はもちろんですが、棚や建具、ちょっとした場所のホルダーなど、建築段階から作りつけることで、家の雰囲気はコンセプトにより近いものになります。当然、デザインの統一感があるし、何より使い勝手の良いものが出来上がる。収納もそうですが、新しい家に住んでからの生活をより具体的にイメージしておくことは、良い家づくりのポイントと言えるでしょう。

ただそれは設計段階ではなかなか難しいもの。建築が始まってからでも良いのです。棚の高さやコンセントの位置、デッドスペースなど、現場を見てそこで疑問や不安をぶつけていただければと思います。
住む人に合った家が建てられるよう、私たちは全力を尽くしますのでご安心ください。

K様邸の特徴としてもう一つ挙げたいのが、2階にある多目的ホールです。

第2のリビングでもあるここは、明るく開放感がある空間。
1階のLDKとはまた異なる落ち着いたスペースでもあります。2階にあるから子ども部屋は当然近い。家族のコミュニケーションが取りやすい、こんな空間があるのはうれしいですよね!工夫次第で、将来的にもさまざまな使い方ができることでしょう。

奥さまは家事動線についてもこだわりがありました。前回挙げた洗濯室もそうですが、キッチン周りを広く取ったのも奥様のリクエストによるもの。料理がとてもしやすくなったそうですよ^^

次回はK様からのメッセージをご紹介します。

投稿日:

施工事例 袋井市K様 前編|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

くつろぎの注文住宅を建てる寺田建築で、実際にご自宅を建てられた方をご紹介します。
今回は袋井市のK様。こだわりの住宅はどのようなものでしょうか。

K様は当社の広告が掲載された情報誌を見て、見学会に来場されました。
当社で家を建てることは決めた理由は主に2つ。ハウスオブザイヤーを取っていることからくる仕事への安心感と、過大な宣伝押し売りをしない当社の雰囲気を評価していただいたのです。

K様邸のコンセプトは「和・木をメインに」というもの。
とにかく広く使いたい1階には、LDKや将来を想定した居室のほか、奥様が希望された洗濯室を配置しました。

2階は子ども部屋、寝室のウォークインクローゼットはもちろんですが、ご主人さまの夢でもあった書斎を洗面所横に配置。ここはご主人さまのコレクションルームにもなっていて、大量のCDや雑誌、オーディオ機器が収められています。書斎に憧れる方は多いですが、こうやって趣味のモノを収納しておけるのも良いですよね!
寝室のウォークインクローゼットは、作りつけの棚があるため収納も楽々。

住み始めてからどのような収納をするか、それをイメージすることはやはり大切ですね^^

次回もK様邸についてご紹介します!

投稿日:

何をどう収納するか|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

皆さんは収納についてどのようにお考えですか?
できるだけたくさんの収納スペースがほしい、広いウォークインクローゼットが絶対ほしい!などさまざまなご要望があるのではないかと思います!

家づくりを進める中で私たちがお客さまに伺うのが、「隠す収納」か「隠さない収納」どちらを望んでいるかということ。隠さないというのは、「見せる」とも言い換えられますね^^

そう、収納と一口にいっても物をしまっておく閉じられた空間とは限らないわけです♪
むしろ見えることによって、整理整頓ができることもある。
そんなことから、家ができた後にどのような収納をするか、それを考えておくのが大事というわけです。

ですから私たちは、上棟が終わり床を貼った状態でお客さまに建物の中を見ていただいています。
そこで家具や収納について相談するのです。

見せる収納であれば、閉じられた空間を作るというよりは部屋のどこに物を置くのか検討してもらうことが大切。
隠す収納であっても、衣装ケースが多いのかハンガーにかかった状態の服が多いのかで、作るべき空間は変わってきます!

ご家族のライフスタイルを振り返り、実際の場所を見て新しい生活で必要になる「収納を考えるのがよいでしょう^^

寺田建築は造作家具製作も得意としています。
建具屋さんが使う特殊な機械も導入することで、ご要望に合わせさまざまな家具をリーズナブルにご提供することができるんです。

隠す収納隠さない収納か、収納スペース、それとも家具を作るか…。
ぜひ将来の生活をイメージして、一緒に楽しみながら家づくりを進めましょう!

本社モデルハウスでは、オリジナルの家具、収納アイデアもご覧いただけますよ♪
打ち合わせ場所にあんな仕掛けが…。
ぜひ遊びに来てください!

投稿日:

スタッフ紹介:専務 寺田祥英|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。
今回から当社で働くスタッフをインタビュー形式で紹介をしていきたいと思います。
最初に登場するのは、専務寺田祥英です。

‐今、行っている業務について教えてください。
設計や営業の業務を行っています。

‐入社の経緯をお教えください。なぜこの業界、会社に入られたのですか?
小さい頃から社長の働く姿を見て育ちました。自分は長男でもあり、社長が築いたこの会社を継ごうと考えていたのです。高校、専門学校では設計に関することを学びました。そんな中で感じたのは、自分は大工として現場を動かすよりも設計の仕事がしたいということ。設計士の立場でこの会社に携わっていこうと決めたんです。専門学校を卒業したあとは、地元の設計事務所で勉強させていただきました。
その後、結婚と自宅建築のタイミングで入社しました。

-仕事への熱い想いやこだわり、仕事の好きなところについてお聞かせください。
家族みんなの意見が反映されるように打ち合わせの一つ一つを大切にしています。
設計の際はわくわくノートなどを利用してお客さまの希望や想い、要望などを丁寧に確認してプランに生かすようにしています。また要望を聞きつつも、動線や収納など、少しでも住み心地の良い間取りをご提案できるよう、常に努力しています。

-趣味や休日の過ごし方を教えてください。
学生の頃からサッカーが好きで、テレビでサッカー観戦をすることが多いです。
その影響か、子どもたちもサッカー好きに。地元のサッカーチームに通い、がんばっているので、休日は練習の応援やチームの父母会のお手伝いなどにも参加しています。

-イメージカラーはありますか?
白色でありたいと思います。何色にも変化できる自分でいたい。
お客さまからの要望や想いに寄り添い、柔軟な対応ができるようにしたいからです。

-座右の銘や好きな言葉はありますか?
一致団結
多くの人がある目的に向かって心を合わせ、まとまって事を行うという、この言葉が好きです。
お客さまの大切な家を、大工さん、協力業者さん、お客さまとみんなで心を合わせて築いていく。とても大切なことだと思っています。

ありがとうございました。
今後、順番に当社スタッフを紹介していきますので、楽しみにしていてください!

投稿日:

太陽光パネルの見えない家|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」〜

こんにちは、寺田建築です。

住宅の屋根で行う太陽光発電
昼間には発電した電気を使い、余った分は売電、夜は電力会社から買電したり、蓄電した電気を使ったりと、かなり一般的になってきましたね。
屋根の上に太陽光発電のパネルを設置した家を見る機会も増えてきたのではないでしょうか^^

「エネルギーゼロの暮らしをもっと身近に」と、スマートハウスを提案し、新築時にはほとんどの家に太陽光発電を設置している寺田建築ですが、最近多いのは「太陽光パネルを設置しているのがわからない外観」というご要望。
太陽光パネルを隠したいというお客さまが多くいらっしゃるのです!

そんなときご提案するのが、フラットな屋根の四角い形状の建物
実際には少しだけ勾配がついているのですが、外からは四角い箱のように見え、太陽光パネルが設置されていることがわかりません。
これなら景観を損なう事なく、太陽光発電もバッチリです♪

屋根材には厚い金属を使用(通常0.6mm程度のところ0.8mmを使用)。
劣化の進みにくいガルバリウムを採用しています。
どうしてもメンテナンスが必要になる太陽光パネルですが、足場代の費用が余分にかかる勾配のきつい屋根に比べ、フラットな屋根であれば対応が簡単になります。
さらに屋根自体の面積が小さくなるため、コストカットができるというメリットも!

「でもフラットな屋根は雨漏りが気になる…」
そんな声もありますが、心配ありません。上記にもある通り、実際には若干勾配がついていることに加え、その緩やかな勾配の先が外側に向けてあるため、雨漏りの心配はないんです。もちろん、道行く人からは見えない方向のため、外観上も気になりませんよ!

もともと南欧風の家を建てるときにあった「太陽光パネルを隠したい」というご要望。
屋根のパネルによって家の持つ雰囲気を変えないよう、瓦などで南欧風の外観はしっかりと見せ、隠すところは隠すという工夫をしたことが始まりでした。

デザイン性を損なわないこと、メンテナンスのしやすさ、コストのメリットに加え、雨漏りの心配もないフラットな屋根は、その後多くの家で採用させていただいています。

お客さまのご要望に対しベストな提案をする寺田建築。
皆さまの想いが新たなアイデアにつながることもあります。

ぜひ、さまざまなご要望や悩み、想いを私たちにお聞かせください。

投稿日:

イベント盛りだくさん!|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

寺田建築では毎年、『感謝祭』を行っております!
地域の方々とお施主様、建築を検討中のお客さままで、毎年200人を超える方にご来場いただいている感謝祭♪

木工教室漆喰手形づくり射的飲食コーナー抽選会と、1日中楽しめるイベントが盛り沢山♪
寺田建築メンバーと協力業者のスタッフが、日頃の感謝を込めて開催するお祭り、ぜひ遊びに来てくださいね!開催日程が決まり次第、あらためてこちらでお伝えします!

続いて紹介するのは『バスツアー
こちらも毎年恒例のイベントで、お施主様、建築を検討中のお客さまをお連れして、横浜へバスツアーに出かけています。リクシルのショールームIKEAを訪れ、多くの方がご自宅のインテリアに夢を膨らませていますよ!

フリースペース』の活用
本社事務所の会議室は、お客さま向けのセミナーが行われるほか、フリースペースとして地域の皆さんへの貸し出しを行っています。フラワーアレンジメント教室やベビーコミュニケーション、アクセサリー作りなど、思い思いに活用していただいています。

イベントやフリースペースにご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

投稿日:

高気密・高断熱・高耐震の家|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

寺田建築の家は「スーパーウォール工法」を採用しています。
このスーパーウォール工法で建てた家の特長は、保温性が高く、冷暖房の効率を高め夏涼しく、冬暖かいということ。つまり高気密高断熱を実現した家なんです!

隙間を最小限に留めることで、住まいをそっくり魔法瓶のような状態にし、最適な室温を長時間維持することができるのです♪また、在来木造軸組工法をベースに独自の高性能パネルを用いた構造は耐震性にも優れます。

高気密・高断熱による省エネルギー性能と、高耐震による安心感で、快適な住環境を得ることができるスーパーウォール工法。木のやさしさをまるごと生かせる、本格的な木造住宅にぴったりの工法です!

私たちは、お客さまのこだわりを実現するため、100%オーダーメイドの家を建てています。その提案設計の思いはそのままに、素晴らしい技術は取り入れ、積極的に採用していくことも大切にしています。

徹底したこだわりと、快適性を重視した最新の技術
その双方を融合することで、お客さまにとって本当に満足のいく家ができあがると考えています^^

スーパーウォール工法の詳細は、こちらからもご覧いただけます。
ご興味のある方はご覧ください^^
http://teradakentiku.co.jp/sw.html

投稿日:

看板への思い|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

「寺田建築ってどんな会社か知らないけれど、看板は見たことある」
「看板をよく見る会社だよね!?」
そんな声をよくいただきます。

私たちは、完成したお客さまの家の横に寺田建築の名が入った看板を置かせていただいています。フラワーボックスをイメージしたピンク色の看板は、袋井市を中心に掛川市や磐田市の自社施工物件横で多数見ることができます。

 

看板を置かせてもらうのは、自社の施工物件に絶大な自信を持っていることに加え、お客さまに信頼していただきたいという想いから。30年以上前から、多くのお客さまのご厚意により看板の数が増えていきました。

たかが看板、されど看板。
私たちは、お客さまと共に試行錯誤して建てた世界にひとつだけの家を心から大切に思っています。だからこそ、胸を張って「この家を建てたのは寺田建築です」と伝えたい。そして、お客さまにも信頼していただきたい。

道を走っていてもし寺田建築の看板を見かけたら、ぜひ思い出してみてください。
私たち寺田建築がその看板の横にある家を建てました。
そして私たちはその家が大好きで、心から大切に思っています^^

看板をきっかけにして新たなお客さまと出会えることを楽しみに今日も家づくりに全力を注がせていただきます!

投稿日:

1冊のノートからはじまる家づくり♪|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

お客さまのこだわりを実現するため、何度も打ち合わせを重ね、たくさんのお話をさせていただきます。私たちがお客さまを理解し、お客さまにも寺田建築の想い、家づくりを理解していただく。そうやってひとつのチームとなって家づくりは進んでいきます♪

寺田建築の家づくりは1冊のノートからスタートします。
それが「わくわくノート

私たちがそう呼んでいるノートは、お客さまの思いを目に見える形で家づくりに携わる全員が共有できるもの。

打ち合わせが始まる際、お客さまには1冊の新しいノートをお渡しします。
ページ毎に項目を分けたノートには、お渡しした住宅雑誌に載っている豊富な施工事例の中から、お客さまご自身で写真や文章を自由に切り抜き、貼っていただきます。

好みの間取り、気になるデザイン、必ずほしい設備など、次の打ち合わせまでに、お客さまが本当に望んでいる家を現した1冊のノート

このノートを作ることで、ぼんやりとイメージしていた理想の家をお客さま自身もはっきりと把握することができます。また、ご夫婦で一緒にノートを作ることで、お互いの思いや理想が明確になるので、家づくりが始まるまでに、納得いくまで話し合っていただくことが大切な時間になれば嬉しいです♪

そうやって作っていただいた「わくわくノート」は、文字通りお客さまのわくわくがたくさん詰まった大切な1冊。

打ち合わせが始まってからも、「リビングはこんな雰囲気で」「理想の間取りはこれ!」など、お客さまの持っているイメージを、家づくりに携わる全員が把握しやすくなります。

お客さまの持っている理想やこだわりを余すことなく伝えてもらいたい。そんな思いから、この「わくわくノート」を私たちは大切にしています^^

投稿日:

完成住宅見学会を行いました!|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

7月14日(土)15日(日)の2日間、完成住宅見学会を開催しました!

完全予約制で行われる寺田建築の完成住宅見学会。
完成したばかりの家を、お客さまそれぞれのペースでじっくりと見ていただきました。

今回は従来のSW工法の制震性能はそのままに、断熱性を強化した仕様のお家

同じ土地に住んでいたお施主様は、既存住宅が古くなり、部屋数も足りなくなったため新築を検討されていました。
土地が狭いという悩みがあったお施主様ですが、私たちからはできる限り居住スペースを確保したプランを提示。過去の施工事例も見てもらい、これなら土地の狭さが気にならない十分な広さの家が建てられる!と決めていただいたのです。

2階に4部屋、1階には和室もある5LDKのお家。

2階上部にはバルコニーも備えます。洗濯物や布団を干すスペースとしてはもちろん、水道や排水設備も備えているため、BBQお子さんのプール遊びにも使えますね!

見学会当日は、ご夫婦やご家族連れでお越しになった皆様に、完成したばかりの家の隅々まで見ていただきました。

私たちも、お施主様の思いや、狭小地であっても工夫次第で十分な居住スペースのある家が建てられるポイントを、一生懸命お伝えしましたよ♪

次回の見学会が決まったら、またこちらでお知らせします。
ぜひ、家づくりの参考に寺田建築の完成住宅見学会にお越しください!