投稿日:

ほどよい大きさの洋風平屋【お客さまの声:袋井市M様】|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。
袋井市で昨年完成したM様の洋風平屋住宅。
新たな家での暮らしが始まったM様に早速、家づくりの感想やこだわりについて伺いました。

-寺田建築を選ばれた理由は何でしょうか?
寺田建築さんとは昔からの知り合いで、以前からその仕事ぶりを見ていました。
実際に建てられた家も見ていて、自分が建てるときはお願いする、と決めていました。

-実際にお住まいになられての感想はいかがですか?
とても快適で、満足しています。

-家づくりでこだわったポイント、ここだけは譲れないというポイントは?
こだわったのは収納スペースです。
まず、玄関横に広い収納スペースを確保しました。

さらに寝室の収納スペースも大容量に。洋服類が全て収まるように、かなりの広さをとりました。たくさん持っているシャツ類を掛けておけるように、ハンガーを掛けるスペースを多くしてもらいました。

-家づくりを振り返ってみていかがですか?
疑問に思うこと、不安に感じることなど、社長と専務がたくさん相談にのってくれたため、とても心強かったです。担当大工の鈴木さんも、細かなところまで気遣ってくれ、本当にうれしかったです。
わがままもたくさん言いましたが、その都度対応していただいたことを感謝しています。

-これから家づくりされる方へのアドバイスやメッセージをお願いします。
私のまわりでも、たくさんの人が家を建てています。
自分が家を建てるにあたっては、さまざまな話を聞きました。
今、感じるのは、私が誰よりも思い通りの家を建てたのではないかということ。
工務店に依頼することの良さは、イチから自分で決められることで、それに勝るものはないと思います。
分からないところは、その都度アドバイスしてくれます。
妥協して決めるような金額ではないからこそ、イチから話し合って決められる寺田建築さんを、私はおすすめします。

M様ありがとうございました!
イチから話し合い、自分だけの家を建てられるのは、注文住宅の醍醐味です。
もちろん、その分疑問や不安も出てくるもの。
そんな疑問や不安を一つ一つ解消しながら進める家づくり、寺田建築は大切にしています。
住み始めた後も、気になることがあれば、何でもご相談ください。

投稿日:

ほどよい大きさの洋風平屋【施工事例:袋井市M様】|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。
くつろぎの注文住宅を建てる寺田建築で、実際にご自宅を建てられた方をご紹介します。
今回は袋井市のM様邸です。

M様邸は、耐久性省エネ性能に優れた長期優良住宅SW工法の家
片流れの屋根に太陽光パネルを載せた、平屋の家です。
平屋というと和風の家を想像する方も多いですが、この家は写真の通り洋風のシンプルな建物。
すっきりとした外観ながら、玄関まわりのアイアンなど、随所にセンスのいい小物を配置してデザイン性の高い住宅に仕上がっています。

収納スペースをしっかりと確保したのもこの家の特徴です。
2階建ての家に比べ、平屋はどうしてもスペースに限りがあります。収納スペースを犠牲にすることもありますが、こちらの家は一か所の面積を増やすことで、収納力を確保
玄関横のシューズクロークは特に、かなりの広さがあります。

内観の特徴は、寺田建築が得意とするのやわらかさを生かした居住スペース。
明るいリビングの天井には、アクセントのが静かな存在感を放ちます。

一方、トイレや洗面など水まわりはスタイリッシュなデザイン。
家の中でさまざまな表情、雰囲気が楽しめる注文住宅ならではの家です。

最近、コンパクトな暮らしを求める方が年齢問わず増えています。
ほどよい大きさのM様邸は、平屋の標準的な大きさ、間取りとして、平屋検討中の方には参考になるのではないでしょうか。

敷地面積:約50坪/延床面積:約23坪
間取り:2LDK

投稿日:

新モデルハウス計画進行中③|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

昨年からお伝えしている寺田建築の新モデルハウス計画
ついに昨年12月、着工しました。2月には上棟を予定しています。

新しいモデルハウスができる「ハーベスト豊沢」は、緑溢あふれる風景と、調和した街並みがコンセプトの分譲住宅地

https://suma-hon.com/harvest/

寺田建築が建てる区画を含めた第1期の4区画は完売しています。

この分譲地は小高い丘の上にあります。
こういった土地は、好き嫌いがはっきりと分かれます。
なぜなら、駅や学校の至近ではないため、決して便利さを追い求めた土地とはいえないからです。
自然環境や、景色は抜群ですが、坂を上った先の場所を敬遠する方がいらっしゃるのも事実です。

ただ、便利さや学校との距離を条件に土地を探していた方が、自然豊かな、こういった土地を見て、考え方を変えられることもあります。
があり土と触れ合え自然と一体になれる暮らしというのが、便利さを超える魅力として映るのでしょう。

こういった環境にモデルハウスを建てるのは、寺田建築にとって新たな試みであり、お客さまがどのようにお感じになるか、今からとてもわくわくしています。

自然豊かな場所で、四季を感じながら居心地の良い暮らしが送れる家。
完成を楽しみにしていてください!

投稿日:

スタッフ紹介:大工 山下 富康|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。
当社で働くスタッフのインタビューは、前回に続き大工担当を。
今月紹介するのは入社25年目の山下富康です。

‐今、行っている業務について教えてください。
建築現場での施工を行っています。
現場での最終打ち合わせ、ご提案をすることもあり、お客さまと話す機会もあります。

‐この業界、会社に入った経緯を教えてください。
環境に負荷の少ない家、特に地元の木を使った家を建てたいという思いがあり、大工になりたいと考えて寺田建築に入社しました。

-仕事への熱い想いやこだわり、仕事の好きなところについて聞かせてください。
常に考えているのは、お客さまの要望にどこまで対応することができるのか、ということです。

-趣味や休日の過ごし方を教えてください。
楽器演奏が趣味で、トロンボーンを演奏しています。
子どもと遊ぶことも多く、最近はフットサルをよくやります。
ただ、日曜の午後は疲れて倒れています(笑)

-心に残っている本や映画、音楽はありますか?
本『パパラギ』(エーリッヒ・ショイルマン)『木に学べ』(西岡常一)
ジャンルを問わず、音楽は全て好きです。中でも特に好きなのはJAZZ。ミュージシャンではSTINGがお気に入りです。

-好きな言葉は何ですか?
「何かを得れば何かを失う」
「流されず、流れる」

-最後にお客さまへのメッセージをお願いします。
完成したその先に楽しく暮らせるイメージを持って、家を建てましょう!

お読みいただき、ありがとうございました。
引き続き当社スタッフを紹介していきますので、楽しみにしていてください!

投稿日:

注文住宅と規格住宅。それぞれのメリットとは?|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

お客さまそれぞれの理想を叶える注文住宅を専門とする寺田建築ですが、そもそも注文住宅のメリットはどんなところにあるのでしょうか。
今回は規格住宅のメリットと、私たちが得意とする注文住宅のメリット、それぞれをご紹介します。

規格住宅は良い意味で万人受けする家です。動線、間取りなど、標準的な家族の形態、暮らしをベースにプランされており、取り立てて不便や不都合がない家と言えます。
コンセプトがはっきりとしているのも特徴で、「北欧風の家で暮らしたい」など、ある程度明確な意思がある際に、そこに合致する家を見つけることができます。
多くの人に受け入れられる家のため、当然デザインや設計のレベルも高く、その割にコスト面で優位性があるのも規格住宅です。
カタログを見て、オプションを選んでという、車選びに近いものですね。

一方の注文住宅。メリットは何と言っても、自由に設計できることです。
デザイン、テイスト、間取り…、全てはお客さま次第で、世界でたった一つのオーダーメイドの建物ができます。
自由に設計できるということは、その土地に応じた建物が建てられるということでもあります。その土地の特性や環境を考慮して、「そこで暮らすのに最適な建物」という観点で建てることもできるわけです。
既に土地があるのか、土地を探しているのかによって、家づくりの考え方も変わるかもしれません。それも含めて自由なのが、注文住宅なのですね。

寺田建築では、家づくりのための「わくわくノート」をお渡ししています。
好きなデザイン、テイストはあるけれどまとまらない。そんなときはとにかく、たくさんの写真を貼り、お見せください。


https://teradakentiku.co.jp/blog/archives/143/2018/08/21/

私たちがお見せするこれまでの施工事例を参考にしていただくのも良いでしょう。
寺田建築は、お客さまの理想、想いを汲んで、世界に一つだけの特別な家をご提案します。

投稿日:

新年のごあいさつ|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

あけましておめでとうございます。

皆さま、年末年始はどのように過ごされたでしょうか。
ご家族や親戚とゆっくり過ごされた方、長期休暇を利用して旅行に行かれた方など、さまざまかと思います。

昨年を振り返った前回のブログでもお伝えしましたが、2018年は自然災害の多い年でした。
自然の脅威を目の当たりにすると、家族が暮らす場所は、より安全で、より高性能なものでありたいと改めて思います。
災害への備えを意識した家づくり、2019年も変わらずに進めていけたらと考えています。

高気密・高断熱なスーパーウォール工法

長年、この工法でたくさんの家を建ててきた経験から、高気密・高断熱の家を建てることに関して、寺田建築は絶対の自信を持っています。
コンセプトは変えることなく、さらに進化した家を建てていけるよう、新しいものも取り入れていくことは必要です。今後は、その性能をさらに高めていけるよう、より一層、使う建材・資材にもこだわっていきたいと考えています
2019年も、たくさんの方に高気密高断熱の家の住み心地を味わっていただく1年になればと思います。

春には、寺田建築の新たなモデルハウスも完成します。
緑豊かな土地で、自然と一体になれる暮らしを思い描いて建てるこの家。
完成した姿を皆さまにご紹介できる日を楽しみにしています。

今年も1年間、よろしくお願いいたします。

投稿日:

年末のごあいさつ|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

2018年も残りわずかとなりました。
今年も多くの方のお世話になり、誠にありがとうございました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

2018年を振り返ってみると、やはり例年以上に災害の多い年だったことが思い出されます。
日本中に被害がおよんだ台風、地震、猛暑など、自然の脅威をまざまざと見せつけられ、また実際にこの地域でも、住宅へのダメージ、停電などの影響を受けました。
改めて、自然災害が発生する日本での暮らし、住居について考えさせられたのが2018年だったように思います。

これからの家を考えたとき、災害への備え、防災はキーワードになるでしょう。
太陽光発電のある家では、停電時にも電気を使うことができ、あまり不便を感じなかったと聞きます。
また、高気密・高断熱の家に住んでいることで、台風の風の音があまり聞こえなかったという声もありました。

性能の高さ、住み心地の良さはもちろんのこと、太陽光発電のある家高気密・高断熱の家に住むことによる、「安心感」もとても大切なことです。

自然の脅威から家族の暮らし、日常を守ることができる安心感のある家を、2019年も建て続けたいと考えています。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

年末年始の休業日は下記の通りです。
休業日
12月29日~1月4日

投稿日:

着工式で共有する家づくりへの想い|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

家づくりの過程において、契約や打ち合わせの他にも、お施主さまに参加していただく行事があります。

着工前の地鎮祭、柱を立て、骨組みを完成させる上棟式、そして引き渡し式
これらはご自身の家が出来上がる過程を実感できるとても重要なものばかりです。
寺田建築では、もう1つ、大切な行事を加えています。
それが「着工式」です。

着工式は、その家の建築に携わる関係者が一堂に集まり、お施主さまと顔を合わせる場。
お施主さまごとにチームを結成する寺田建築の家づくりにおいて、この着工式はチームの結成式でもあります。

お施主さまが通常顔を合わせるのは、私たち寺田建築の社員か工務店の大工さんくらいでしょう。
でも、一軒の家を建てるためには、想像以上に多くの人が関わっています。
「こんなにたくさんの人が来るとは思わなかった」
お施主さまからもよくそう言われます。
多くの人が関わるからこそ、着工式の場で顔を合わせ気持ちをひとつにすることが、いい家づくりにつながると考えています。

着工式では、お施主さまがどのような想いで家を建てるのかも伺います。
その想いを関係者全員が共有でき、その上で家づくりを進められることこそ、寺田建築が着工式を大切にする理由です。

心を込めた着工式。寺田建築の家づくりはここからスタートします。

投稿日:

スムーズな動線と居心地の良さが魅力の二世帯住宅【施工事例:袋井市M様】|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。
くつろぎの注文住宅を建てる寺田建築で、実際にご自宅を建てられた方をご紹介します。
今回は袋井市のM様邸です。

二世帯住宅のM様邸でこだわったのが、家の中の動線と間取り。
キッチンは1階と2階にそれぞれありますが、お風呂は1つのため、お互いが気を使わなくていいように動線を設計しています。

一方、家族が集まれるよう1階のリビングは広く取り、全員が居心地の良さを味わうことができるように意識しました。
共用する部分とそうでない部分、うまくバランスをとることが住み心地の良い二世帯住宅を実現するポイントです。

M様邸の特徴に「ハイドア」を採用していることがあります。
ハイドアは床から天井まであるドアのこと。ドアの高さを天井の高さに合わせることで、部屋に広がりが生まれ、スッキリとした印象になります。

部屋の印象がガラリと変わるので、ご興味がある方は写真でその雰囲気をお確かめください。

以下はM様からのメッセージです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
色々な話をしましたが、家が建った後のことなど長い目で見たときに信頼できると感じたのが寺田建築でした。
実際に住んでみて、とても快適な家だと感じています。
動線もよく考えられていて満足です。
建築中は大工さんに悩みを聞いてもらい、すぐに解決してもらったこともあり、とてもうれしかったです。

素敵な家をありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
M様ありがとうございました。
M様が満足のいく二世帯住宅が完成して、私たちも本当にうれしく思っています。
今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿日:

製材のおはなし|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

木造建築を語る上で、その構造材であるの存在が重要であることは言うまでもありません。
伐採された木は、当然そのまま住宅に使えるわけではなく、建材へ加工する必要があります。その工程が製材です。製材する会社のことは、製材所、材木屋などと呼びますね。

伐採された原木や丸太は、径級や長さ、材質に応じて選別し、製材職人が1本1本見定めます。
その後、特性に応じて、構造材や化粧材など、建築に使うさまざまな用途の材料に加工されるのです。製材職人の腕の見せどころです。
木材にとって「」の有無は、その価値を左右するものです。例えば、無節の木材なら10万円、節があれば5万円と、節が多ければその価値は下がってしまうのです。

凄腕の職人は、製材前の原木、丸太を見て節の有無が判断できるといいます。
より良い材料を見分けることができる、目利きこそが製材職人たるゆえんなのですね。
昔は、家の図面を見ながら「ここの柱にはこの木を」とその場で判断できる製材職人もいました。

家の良し悪しには、そこに使われる材料選びも大きく影響します。
せっかくの木造建築、使われる材料についても知っていただければ、家づくりはより楽しくなり、ご自身の家に愛着も湧くことでしょう。