スタッフブログスタッフブログ

家づくりノウハウ

2022.07.05

湿気・ニオイ対策に、エコカラットを|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

いよいよ夏本番を迎えますね。高気密高断熱の家は、1年を通して快適な暮らしを実現しますが、さらに家の中で心地よく過ごすための工夫があります。今回は、この時季に特に気になる湿気やニオイ対策に有効な内装壁機能建材「エコカラット」についてご紹介します。

 

 

■優れた調湿性能

 

エコカラット湿気を通して、水や汚れはほぼ通さない特殊な壁材。表面に空気を吸放出する微細な孔(あな)があり、粒子の細かい湿気やニオイの原因物質を通し、粒子の大きい水や汚れを通しにくい構造になっています。

 

エコカラットの大きな魅力は、湿度が高ければ湿気を吸収し、乾燥していれば湿気を放出する優れた調湿性能です。同じように調湿が期待できる素材と吸放出量を比較した試験では、珪藻土の約6倍、調湿壁紙の25倍以上という結果もあるほど。結露も抑えることができるため、カビやダニの繁殖抑制にもつながりますね。

 

調湿作用に優れているため、洗濯物の室内干しにも最適です。最近は家事負担の軽減などを目的に室内干しを前提とした間取りも増えているため、エコカラットの導入はますます有効と言えそうです。

 

ニオイの原因となる成分まで吸着するため、お部屋の脱臭も期待できます。不快に感じるニオイを脱臭してくれるため、リビングやダイニングはもちろん、玄関、洗面、トイレなど、さまざまな場所でエコカラットは採用されています。

 

このほか、ホルムアルデヒドなど空気中に漂う有害物質を吸着、低減するため、小さなお子さまがいるご家庭にもおすすめです。

 

 

 

■インテリアのデザイン性を向上

 

エコカラットはこのように優れた機能がある上、デザインが豊富なのも魅力。石や木の素材感を表現して、室内をより一層上質な空間にする効果もあります。アクセントクロスのように、インテリアの一部として採用するのはいかがでしょうか。

 

特殊な建材だからこそメンテナンスの手間が気になりますが、エコカラットは水拭きが可能なのもメリットです。頑固な汚れは洗剤を使って落とすこともできるため、水まわりに施工するのもおすすめです。

 

エコカラットの詳細や施工事例は、寺田建築までお問い合わせください。