スタッフブログスタッフブログ

家づくりノウハウ

2022.05.10

PHV・EVの充電に対応|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

住宅と同じように環境性能が求められているものの一つが自動車ですよね。PHV(プラグインハイブリッド自動車)やEV(電気自動車)など、発売される車種も増えてきて今後も普及が進むとみられています。

 

■環境性能とは

 

家と自動車に求められる環境性能とは、省エネルギーでいかに快適・便利に使えるかということですね。住宅でいえば、まずは高気密・高断熱の建物で空調効率を高めることが重要。その上で、太陽光発電システムでエネルギーを自給自足することで、環境にやさしく、家計の負担も少ない暮らしが実現します。

 

自動車がガソリンから電気へとシフトしていく流れにあるのはご存じの通り。エコカーとしてHV(ハイブリッド自動車)が普及し、現在はPHVの車種も増えてきました。まだまだ数は少ないですが、EV・BEV(電気自動車)も新車種が続々と投入され始めて注目を集めていますね。トヨタは2030年までにEV30車種を発売予定。テスラのEVを見かける機会も増えてきました。

 

■充電設備を標準装備!

 

寺田建築は、高気密・高断熱を追求することで環境にやさしい家づくりを目指しています。もちろん太陽光発電システムの搭載も推進。さらに、環境性能が求められる家と自動車に関連して、以前より自動車の充電コンセントを標準仕様とする取り組みを進めています。

 

PHVやEVで必要な屋外の充電コンセント。寺田建築では新築住宅を建てる際、この屋外コンセントを全棟に取り付けています。すでにPHV・EVに乗っている方に必要なのはもちろんですが、今はガソリン車でもこれから乗り換える可能性があることも考えた、トータルで燃費の良い暮らしを送っていただくための取り組みです。

 

今後は環境に加えて防災も意識して、自動車から家に給電する「Vehicle to HomeV2H)」が増えていくことも考えられます。寺田建築はこれからも、暮らし全般の省エネルギーや安心・安全を意識した住宅をご提供していきたいと考えています。