スタッフブログスタッフブログ

家づくりノウハウ

2022.03.29

素足で過ごしたくなる床材|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

今回は、無垢に近い質感が人気の床材ラシッサ」についてご紹介します。

 

■天然木の感触を表現

 

ラシッサの特長は、樹種ごとに異なる質感を楽しめるリアルフットフィール仕上げ」です。メープルやチェリーのようにすべすべしたものや、チェスナットのようにゴツゴツしたものなど、天然木の無垢材が持つ感触を特殊技法で表現。リアルな質感、足ざわりの良さに思わず素足で歩きたくなる床材です。

 

 

 

 

床材は「無垢(単層)」と「複合(複層/合板)」の2種類あり、ラシッサ合板や集成材の表面に化粧材を貼り合わせてつくる複合タイプの床材。表面に特殊処理をほどこしているため、無垢の床のようにワックスがけの必要がないのが大きなメリットです。汚れが付きにくく、お手入れは掃除機がけと乾いた布のカラ拭きで十分というのもうれしいですね。

 

表面を硬化しているため、キズつきにくいのも特長。経年による変色や退色もしにくいため、お部屋の雰囲気がずっと変わらないというのも人気の理由です。抗菌仕上げなので、小さなお子さんや高齢者がいるご家庭でも安心の床材と言えるでしょう。

 

■無垢材も根強い人気

 

お手入れのしやすさからラシッサは人気ですが、寺田建築のお客様には無垢の床をご要望される方もたくさんいます。天然木を切り出して成形・加工する無垢フローリングは、天然木ならではの香りやあたたかさ、調湿作用という恩恵が受けられます。

 

無垢の床のあたたかな質感は、何物にも代えがたい魅力があるのも事実。ある程度のキズやお手入れを受け入れることができれば、無垢の床もぜひご検討いただければと思います(無垢の木のキズやヘコミは消す方法もあります)。

 

実物をご覧になりたい方は、ぜひ寺田建築のモデルハウスや見学会にお越しください!