スタッフブログスタッフブログ

家づくりノウハウ

2022.01.06

温度差の少ない室内環境のメリットとは|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

家づくりやマイホームの購入にあたっては、建物によって「温熱性能」が異なる点を知っておくことが大切です。温熱性能とは、家の中の「暑い」「寒い」をなくし、快適な居住環境を整える性能。温熱性能を高めることで、家事や入浴、睡眠、起床といった日常生活はとても快適になります。

 

気密性、断熱性を高める

 

冬場は特に、建物内の温度差が顕著です。温度差が発生するのは、表面(壁・床・窓など)、上下(足元と高い位置)、部屋間で、温度差が大きければそれだけ快適性は失われてしまいます。
部屋間の温度差は、寒い時期に心配な「ヒートショック」につながるおそれもあります。ヒートショックは急激な温度変化によって血圧や脈拍が変動して、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などを引き起こしてしまう状態。

 

温熱性能を高めるのはこうした温度差を少なくすることでもあり、快適で安全な暮らしを送るために必要な要素というわけです。

 

温熱性能を高めるためには、気密・断熱性能に注目する必要があります。
気密性と断熱性はどちらも高めるのが重要で、どれだけ高性能の断熱材を使用しても、気密性が低ければ隙間からの空気の出入りによって断熱効果を発揮できません。

 

 

寺田建築はHEAT20 G2/C値0.5

 

寺田建築の家は、冬でも暖かい室内環境を実現します。
足元の冷たさを感じることはなく、お子さんが床に寝転がって遊んだり、冬の朝の目覚めが良くなったりという話を聞くことも。室内干しや窓の掃除などの家事も楽になるほか、ヒートショックのリスクも減らしてくれます。

 

寺田建築が建てるのは高性能パネルを用いた高断熱、自社大工の高品質な施工による高気密の家。断熱性能はZEHより上のHEAT20のG2(UA値0.46)、気密性能はC値0.5以下が当社の基準です。私たちは、温熱性能を高めることによる快適で安全な暮らしをご提案しています。

 

HEAT20…「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」の略称・呼称。断熱性の基準値のグレードをG1、G2などと定めている
UA値…熱が逃げる量を外皮(外壁、屋根、開口部など)全体で平均した値
C値…建物の隙間面積の割合を示す値