スタッフブログスタッフブログ

家づくりノウハウ

2021.03.18

寝室もライフスタイルに合わせて|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

今回は寝室についてのお話
「寝るときに使うだけだし…」とお考えの方も多いかもしれませんが、住み心地のいい家をつくるためにも、ポイントをおさえておきましょう。

 

定番のウォークインクローゼット

 

近年、寝室にウォークインクローゼット(WIC)を設けるのは定番なってきています。
衣料品が多い方は、広いWICを設けるようにしましょう。
寺田建築の豊沢モデルハウスのように、WICからバルコニーに出られるのも便利です。

 

 

一方、収納スペースは別で設けて、WIC分のスペースを使って書斎を設けるのも一つのアイデアです。
最近はリモートワークも定着し、ワークスペースとして書斎を求める方も増加。
個別の書斎とまではいかなくても、昼間は人気のない寝室のスペースをうまく使うのも有効かもしれません。

 

もちろん本当に寝るだけと割り切って、最小限の広さとするのも一つの考え方です。

 

 

位置が重要!

 

寝室そのものの設備や広さも重要ですが、ライフスタイルに合わせて位置を考えるのも大切です。
子ども部屋は昼間も使うから南側、寝室は昼間使わないから北側という間取りもいいですが、寝室からバルコニーに出て洗濯物を干したい場合は南側にあった方が便利。

また、夜勤で働いている方の場合、日中に寝室で睡眠をとることもあるでしょうから、光があまり入らない北側の方が安眠には適しているかもしれません。

 

 

このように、寝室に求めるものは人それぞれ違い、このほかにも窓の付け方や壁紙の色、照明など、安眠できる落ち着いた寝室をつくるためにはさまざまなポイントがあります。

 

まずはご家族のライフスタイル・将来のことを考えて、優先順位をつけていきましょう。