スタッフブログスタッフブログ

家づくりノウハウ

2020.09.17

増改築しやすい間取り|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

家づくりの際は、将来に備えて増改築のしやすさも考慮して間取りを決めることが大切です。
寺田建築ではあらかじめ家族一人ひとりの成長やライフスタイルの変化に対応できる間取りにしておくことで、いつまでも快適に過ごしていただきたいと考えています。

 

 

間取りの変更

 

例えば2階の子ども部屋。
将来は間仕切りを設けて2部屋にできるようにしておく方法は、寺田建築の実例でもよくあります。
お子さんが小さいうちは広い空間として使用できる一方、あらかじめドアや収納を2部屋分設けて、下地補強(天井、床)しておけば、将来はお子さん一人ひとりが独立した部屋として使用することができます。

 

 

また、高齢になったときのことを考え、いずれは1階だけで生活したいというご要望もあります。
和室で就寝するのを想定されている場合、寺田建築では近くにトイレがある間取りをご提案しています。
さらにその際には、将来的に壁を動かしてトイレを広くてきる間取りにしておくこともできるんです。

ご要望に応じてご提案ができるため、介護や車いすでの生活を想定して間取りを考えることも可能です。

 

 

性能を維持したまま増築

 

高気密・高断熱のスーパーウォール(SW)工法ですが、性能を維持したまま増築するのは簡単ではありません。
施工が不十分であれば増築がきっかけで結露が発生してしまう懸念もある上、容積が増えるため、改めて換気システムを調整する必要もあります。

20年以上にわたりSW工法を採用している寺田建築は、自社大工による実績が豊富で、構造の特性を熟知しているため、柔軟に高気密・高断熱住宅をつくれるのが強み
増築しても性能を維持する施工が可能です。

 

構造にもよりますが、基本的には増改築の自由度に優れているのが注文住宅のメリットの一つです。
増改築も寺田建築にお任せください!