スタッフブログスタッフブログ

家づくりノウハウ

2020.07.16

高気密と高断熱、どっちが大事なの?|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

寺田建築では、スーパーウォール(SW)工法による高気密・高断熱構造の家を建てています。

住宅性能を表す際に用いるこの「高気密」や「高断熱」という言葉。

家づくりを検討中の方はよく聞く言葉かもしれませんが、実際には暮らしにどのようなメリットをもたらすのでしょうか

そもそも高気密と高断熱、建物にとってはどちらが大切なのでしょうか。

今回は高気密や高断熱の機能や利点についてご紹介いたします。

 

高気密・高断熱を一言で表すと

 

高気密な家とはつまり「空気の出入り量が少ない」家のこと。

木造軸組工法という職人が建てる手づくりの家はどうしても、壁や天井、床などに見えない隙間ができてしまいます。

隙間があれば外の空気が入ってきたり、室内の空気が逃げたりして、冷暖房の効率は落ちてしまいます。

 

高気密であるほど(隙間が少ないほど)、暑い夏、寒い冬であっても空調効率を上げ、快適な室内温度が保たれます

また空調効率がいいため光熱費の節減にもつながります。

さらには、遮音性も高まるため、騒音が気にならなくなるのも高気密の特長です。

 

一方、高断熱とは「熱の伝わりが少ない」ことを意味します。

壁や天井、床に断熱材を入れたり、断熱性の高い窓を採用したりすることで、外から来る熱、室内から逃げる熱を少なくし、夏は涼しく、冬は温かい室内環境を実現します。

 

いずれも快適な暮らしに欠かせない性能であり、両立させることが大切。

どれだけ高断熱でも気密性が低いと、その家は穴だらけのストローのようなもので換気効率が落ち、快適な空気環境は実現しません。

換気効率が落ちれば、花粉やPM2.5の浸入、カビやダニの発生などのリスクも高まります。

 

高気密はすき間が少ない=施工精度が高い

 

気密性能を表すのがC(シー)値

建物の隙間面積の割合を示します。

 

一方、断熱性能を表すのがQ(キュー)値・UA(ユーエー)値

Q値は熱損失係数といい、どれだけの熱が外に逃げるかの値、

UA値は外皮平均熱貫流率といい、熱が逃げる量を外皮(外壁、屋根、開口部など)全体で平均した値を示します。

 

いずれも、0に近いほど高気密・高断熱と言えます。

Q値、UA値が設計段階で算出できる一方、C値はあくまで実測のため、大工職人による施工の精度が影響します。

 

寺田建築が全棟C値測定するのは、施工精度に絶対の自信があるからこそ。

 

高い施工精度と、断熱材や断熱窓の確実な採用によって実現するのが、寺田建築の高気密・高断熱住宅です。