スタッフブログスタッフブログ

家づくりノウハウ

2020.06.09

ランドリールームは多目的!?|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

動線や間取りを工夫して家事の時短化を実現したお客さまはたくさんいらっしゃいます。

最近、ご提案させていただく機会が多いのがランドリールーム

その名の通り、洗濯に関する作業を効率よく行える場所です。

 

「洗う」から「しまう」まで

 

洗濯機や乾燥機、物干し竿などを設置し、洗濯から乾燥まで行うのが一般的なランドリールーム

重たい洗濯物をベランダなどに運ぶ必要がなく、一か所で作業が完了するのが最大のメリットです。

花粉・黄砂が飛散する時季や梅雨時など、外干ししたくない(できない)日も、室内干し専用のスペースがあれば安心ですよね。

日中は家が留守となる共働きのご家庭にも好評です。

 

さらに、アイロン台を置けるカウンターや作業台、棚やラックなどを設置すれば、乾いた洗濯物にアイロンをかけ、畳み、収納しておくこともできます。

 

洗濯に関する作業がランドリールーム内で完結するのはもちろん、家族全員分の衣類を収納すれば、ファミリークローゼットとして便利に使うこともできそうですね。

 

広さや用途はさまざま

 

ランドリールームには明確な定義があるわけではないので、実際の広さや用途は家によりさまざまです。

 

スペースを広くして化粧台を置いたり、カウンターで別の作業をしたり。

工夫次第で、洗濯のためだけのランドリールームから、便利な家事スペース、趣味空間、外出前の準備まで活用できる可能性があります。

在宅勤務が増えて家族が同じ場所で過ごす時間が長くなり、「たまには一人になりたい…」と思う方にも、うってつけのスペースかもしれません。

 

これから家づくりをされる方におすすめしたいのは、できれば用途を複数にした方がいいということ。

広さや間取りにより限りがあるのはもちろんですが、洗濯のためだけに使うのは少しもったいないとも感じます。

複合的な要素を持たせると、スペースを有効に使い切ることができるでしょう。

 

注文住宅の魅力は、暮らし方や家族のライフスタイルによって、こうしたスペースのつくり方、使い方を工夫できることです。

家づくりを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。