スタッフブログスタッフブログ

施工事例

2021.11.30

吹き抜けと全開口の開放感【施工事例:磐田市K様】|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

 

くつろぎの注文住宅を提案する寺田建築の施工事例をご紹介します。
今回は、吹き抜け全開口の掃き出し窓が抜群の開放感をもたらす家。
ヒノキの大黒柱無垢杉の床など、自然素材のぬくもりも感じられる一邸です。

 

 

吹き抜けがあって明るいLDKは22.4帖の大空間。
2カ所ある掃き出し窓のうち、リビング側は全開口サッシ(フォールディング窓)を採用しました。
通常の引き違い窓(※)と違い窓をフルオープンにできるため、屋外空間とより自然につながることができます。
開口部が大きいと気密性が気になるところですが、リクシル「フォールディング」は引き寄せ機構で気密性もしっかりと確保。
K様邸もC値0.22という非常に高い気密性能があります。

※左右2枚のガラス戸をスライドして開閉する窓

 

 

ヒノキの大黒柱が存在感を放つリビング横の和室は、ご主人のこだわりを詰め込みました。

 

造作のカウンターは、大好きなお酒をゆっくりと嗜むための場所です。

 

 

 

キッチンはセラミックトップを採用したリクシル「リシェルSI」。
ユーティリティスペースには洗面台と洗濯機を設置し、脱衣室を別に設けることで、家事ラクな動線と家族の暮らしやすさを実現しました。
ユーティリティスペースは玄関ホール側、キッチン側から出入りすることが可能。
回遊型の間取りはとっても使いやすそうですね。

 

 

 

リビング階段を上がった先にはワークスペースを設けました。
吹き抜けから家族が過ごすリビングを眺めつつ、空間が分かれているため仕事や読書などに集中することができます。

 

 

 

今と将来のライフスタイルを考えた柔軟な間取りもこの家の特徴です。
階段ホールから入るウォークインクローゼット(WIC)は、納戸ともつながって収納力抜群ですが、将来お子さんの独立や帰省で部屋が必要になった場合は、壁を取り払いWICと納戸をつなげて、もう一つの部屋にすることも想定しています。

 

 

 

現在のご家族が楽しく快適に暮らせるのはもちろん、将来にわたって住み心地の良さを味わえる一邸です。