投稿日:

2階リビングについてどう考えるか|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

一般的な2階建て住宅は、1階にリビングやキッチン、洗面、浴室などをつくり、2階には家族の寝室をつくります。

寺田建築の施工する家も基本的にはこのスタイル。
家族構成や暮らし方、敷地面積、予算などにより、その間取りが決定されます。

今回は1階と2階の役割を入れ替えた、2階リビングについて考えてみましょう。

2階リビングの最も大きなメリットは、日当たりです。
家族が集まるリビングは、太陽の光が差し込む日当たりの良い明るい場所であってほしいものです。
また、1階に寝室をつくることで、壁や柱が多くなり、構造上の強さが確保できるため、リビングを大空間にすることも可能です。

一方、2階にリビングがあるということは、常に階段の上り下りが発生するということ。
買い物から帰ったとき、買い物袋をさげて階段を上るのは大変なことです。
子育て世代であれば、1階に寝室があることで子ども部屋の日当たりが悪くなる、子どもの様子が分かりにくいというのも欠点です。

実際には、寺田建築で2階リビングを採用したことはほとんどありません。
というのも、2階リビングの大きなメリットである日当たりの問題は、都会や住宅密集地、狭小地などに家を建てるときに発生するもの。
広々とした空間が手に入りやすい場所においては、1階でも十分に日当たりがよく、重大な問題にはなりにくいのです。

寺田建築は、何十年も住み続けることを大切にしています。
年齢を重ねたときのことを考えればやはり、階段の上り下りが頻繁に発生するよりは、1階に生活の基盤となるリビングがあった方が良いと思うのです。

その土地にあった建物、間取りを考えること、その場所で年齢を重ねることを考えて暮らし方を考えることが大切ですね。

投稿日:

造作家具へのこだわり|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

自然素材をふんだんに使った温もりのある家が特徴ですが、造作家具お客さまに非常に好評です。

造作家具は基本的に、上棟後に家の雰囲気を見て、メジャーを当ててサイズを決め、そのデザイン、機能を決定します。
新しい家での生活をよりイメージしやすい状態で検討できますので、プラン打ち合わせ時は、現在の生活スタイルや収納量などを考えておいていただければ問題ありません。

家具を造作するとき大切にするのは、動線機能
単体で素敵な造作家具はもちろん魅力的ですが、毎日の生活空間で違和感のある存在は避けるべきですし、家具である以上、機能的であることが欠かせません。
シューズクロークパントリー洗面所洗濯物を干すスペースなどは特に、共用部分を作ったり、機能を組み合わせたり、使い分けたりと工夫します。

例えば、洗面所の扉がそのまま収納スペースの扉になる家(写真参照)。

洗面所にはタオルやカゴがあり、その置き場所に困ることがありますが、このような仕様であれば、置き場所を確保した上で、扉がそのまま目隠しになるため、来客時も安心です。
反対側にできたスペースは、食器棚などをつくることで有効利用できます。

これは一例ですが、ハウスメーカーなどに依頼した場合、計画変更が必要な場合もあり、大幅なコストアップも予想されます。
寺田建築には、工夫をこらした造作家具の実例が多数ありますので、写真や見学会などを参考にして、プランの際に方向性だけ決めておけば、そのような心配はありません(見積時には材料費なども想定するので安心です)。

実は寺田建築には自社工場があります。
造作家具へのこだわりは昔から強く、専用木工機械も導入しているのです!

毎日の暮らしの中に溶け込む、便利でデザイン性の高い造作家具は、寺田建築のもう一つの魅力です。

投稿日:

新モデルハウス計画進行中④|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

袋井市豊沢で進む、寺田建築の新モデルハウス計画
ついに2月1日、2日に上棟を迎えました。

上棟式には、モデルハウス建築に携わる関係者が多数出席。
今後の工事の安全を祈願しました。

上棟は基礎工事の完了後、柱を立てて骨組みを完成させる日を指します。
屋根の一番上の部分を棟木(むなぎ)といい、これを上げることから上棟式と呼ばれるのです。
棟上げ(むねあげ)と呼ぶこともあります。

お施主さまに上棟式に参加していただくこともありますが、今回はモデルハウスのため、参加したのは全て工事関係者。
お酒や塩でお清めをして建物の無事を祈ります。
家の基本構造完成するとても大切な日。
皆、さまざまな思いでこの日を迎えました。

私たちは、このモデルハウスが寺田建築の魅力を一人でも多くの人に伝えることのできる場になればと考えています。
茶畑が広がる気持ちのいいこの環境で、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

ハーベスト豊沢では第2期の販売もスタートしています。
モデルハウスが建つ場所から道を挟んで東側。
自然豊かな小高い丘の上の土地に興味がある方は、見学に訪れてみてはいかがでしょうか。
建築途中のモデルハウスの外観も見ることができます。

投稿日:

「自社大工」が家を建てるということ|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

寺田建築の大工は現在、社員と専属合わせて4人います。
4人は寺田建築の「自社大工」。
今回は、この「自社大工」についてご紹介します。
寺田建築のこだわりでもある自社大工による施工は、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ご存知の通り、さまざまな人が関わって家は完成します。
大工については、お客さまが住宅の建築を依頼した会社から発注を受けた、外部(下請け)の業者であることが少なくありません。
現場で家を形にする大工はまさに職人の仕事。その腕を武器に、個人で活躍している人が多いのです。

寺田建築のように自社大工が施行すると、以下のようなメリットがあります。

融通がきく家づくり
家づくりには、トラブルもあれば、途中で修正、変更の対応に迫られることもあります。
そんなとき、自社大工による施工であれば、迅速臨機応変な対応が可能です。
関係者間での細かな修正、変更の意思疎通が容易で、作業が増えることによるコストをお客さまに負担いただくこともありません。

安定した高い品質の家づくり
気密性断熱性の高い家は、大工の技術そのものと言っても過言ではありません。
寺田建築は20年前から高気密・高断熱住宅を建て続けている老舗でもあり、自社大工は当然、高い性能の家を建て慣れています。
今でこそスタンダードな高気密、高断熱の家ですが、20年前から建て続けている会社は稀です。
寺田建築は当時から「住宅はこうあるべきだ」と考え、イチ早く取り組んでいたのです。
同じ図面、材料、数値であっても、長年携わっている職人の感覚や経験、蓄積された技術で建てられた家はやはり違います。すぐに真似できるものではありません。

メンテナンスの安心感
家が完成した後も、数十年にわたりお客さまとのお付き合いは続きます。
メンテナンス点検を依頼する建築会社に、実際に家を建てた大工がいることは、長く住み続けることを考えても大きな安心につながります。
お客さまの家の見えない部分、柱の1本まで知っている大工が、ずっと面倒を見てくれるのです。

コストには反映されない見えない調整、品質を高める見えない技術と、見えない部分を知っている大工がいる安心感
安心して長く住める高品質な住宅は、見えないところが重要です。
寺田建築は今後も、建築会社に大工がいるという、お客様側からは見えにくいこだわりを大切にしたいと考えています。

投稿日:

次世代を見据えた大工の育成も大切です|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

当社では次世代を見据え、若手大工の育成にも力を入れています。

大工の仕事は、短期間に習得できるものではありません。
5年先、10年先という目線で技術や技能は継承され、良い家づくりは受け継がれます。
しかし、だからと言って必ずしも、10代の頃から長い下積み期間が必要であるとか、修行期間を丁稚奉公のように過ごさなくてはいけない、というものでもありません。
現場で先輩の仕事を見て、技を盗んだり覚えたりすることは大切ですが、今はしっかりとした養成機関もあり、体系的に仕事を学ぶことができます。
実際に30歳を過ぎて大工になった社員もいます。

寺田建築に所属する社員大工は現在2人。
他の社員と同じような待遇条件で働いています。

2人とも未経験で寺田建築に入社し、学校にも通いながら大工仕事を覚えました。
授業料は会社が負社します。会社員として働きながら通うため、当然給料も支給されます)
個人では揃えるのが大変な大工道具も、会社所有のものを使うことができるため、仕事を始めるときの負担も少ないでしょう。
もちろん、新しいものが必要になれば会社が購入しています。

若手大工の育成は、寺田建築のためでもあり、お客さまのためでもあります。
建てて終わりではない私たちの家。建てた後も何十年とお付き合いは続きます。
寺田建築は、家を通して、世代を越えて皆さまとつながっていたいと考えています。
だからこそ必要な若い力

現在、これからの寺田建築を支えてくれる新しい人材の募集もしています。
寺田建築では、未経験から始め、手に職をつけることができます。
大工の仕事に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください!

投稿日:

新モデルハウス計画進行中③|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

昨年からお伝えしている寺田建築の新モデルハウス計画
ついに昨年12月、着工しました。2月には上棟を予定しています。

新しいモデルハウスができる「ハーベスト豊沢」は、緑溢あふれる風景と、調和した街並みがコンセプトの分譲住宅地

https://suma-hon.com/harvest/

寺田建築が建てる区画を含めた第1期の4区画は完売しています。

この分譲地は小高い丘の上にあります。
こういった土地は、好き嫌いがはっきりと分かれます。
なぜなら、駅や学校の至近ではないため、決して便利さを追い求めた土地とはいえないからです。
自然環境や、景色は抜群ですが、坂を上った先の場所を敬遠する方がいらっしゃるのも事実です。

ただ、便利さや学校との距離を条件に土地を探していた方が、自然豊かな、こういった土地を見て、考え方を変えられることもあります。
があり土と触れ合え自然と一体になれる暮らしというのが、便利さを超える魅力として映るのでしょう。

こういった環境にモデルハウスを建てるのは、寺田建築にとって新たな試みであり、お客さまがどのようにお感じになるか、今からとてもわくわくしています。

自然豊かな場所で、四季を感じながら居心地の良い暮らしが送れる家。
完成を楽しみにしていてください!

投稿日:

新年のごあいさつ|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

あけましておめでとうございます。

皆さま、年末年始はどのように過ごされたでしょうか。
ご家族や親戚とゆっくり過ごされた方、長期休暇を利用して旅行に行かれた方など、さまざまかと思います。

昨年を振り返った前回のブログでもお伝えしましたが、2018年は自然災害の多い年でした。
自然の脅威を目の当たりにすると、家族が暮らす場所は、より安全で、より高性能なものでありたいと改めて思います。
災害への備えを意識した家づくり、2019年も変わらずに進めていけたらと考えています。

高気密・高断熱なスーパーウォール工法

長年、この工法でたくさんの家を建ててきた経験から、高気密・高断熱の家を建てることに関して、寺田建築は絶対の自信を持っています。
コンセプトは変えることなく、さらに進化した家を建てていけるよう、新しいものも取り入れていくことは必要です。今後は、その性能をさらに高めていけるよう、より一層、使う建材・資材にもこだわっていきたいと考えています
2019年も、たくさんの方に高気密高断熱の家の住み心地を味わっていただく1年になればと思います。

春には、寺田建築の新たなモデルハウスも完成します。
緑豊かな土地で、自然と一体になれる暮らしを思い描いて建てるこの家。
完成した姿を皆さまにご紹介できる日を楽しみにしています。

今年も1年間、よろしくお願いいたします。

投稿日:

年末のごあいさつ|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

2018年も残りわずかとなりました。
今年も多くの方のお世話になり、誠にありがとうございました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

2018年を振り返ってみると、やはり例年以上に災害の多い年だったことが思い出されます。
日本中に被害がおよんだ台風、地震、猛暑など、自然の脅威をまざまざと見せつけられ、また実際にこの地域でも、住宅へのダメージ、停電などの影響を受けました。
改めて、自然災害が発生する日本での暮らし、住居について考えさせられたのが2018年だったように思います。

これからの家を考えたとき、災害への備え、防災はキーワードになるでしょう。
太陽光発電のある家では、停電時にも電気を使うことができ、あまり不便を感じなかったと聞きます。
また、高気密・高断熱の家に住んでいることで、台風の風の音があまり聞こえなかったという声もありました。

性能の高さ、住み心地の良さはもちろんのこと、太陽光発電のある家高気密・高断熱の家に住むことによる、「安心感」もとても大切なことです。

自然の脅威から家族の暮らし、日常を守ることができる安心感のある家を、2019年も建て続けたいと考えています。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

年末年始の休業日は下記の通りです。
休業日
12月29日~1月4日

投稿日:

着工式で共有する家づくりへの想い|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

家づくりの過程において、契約や打ち合わせの他にも、お施主さまに参加していただく行事があります。

着工前の地鎮祭、柱を立て、骨組みを完成させる上棟式、そして引き渡し式
これらはご自身の家が出来上がる過程を実感できるとても重要なものばかりです。
寺田建築では、もう1つ、大切な行事を加えています。
それが「着工式」です。

着工式は、その家の建築に携わる関係者が一堂に集まり、お施主さまと顔を合わせる場。
お施主さまごとにチームを結成する寺田建築の家づくりにおいて、この着工式はチームの結成式でもあります。

お施主さまが通常顔を合わせるのは、私たち寺田建築の社員か工務店の大工さんくらいでしょう。
でも、一軒の家を建てるためには、想像以上に多くの人が関わっています。
「こんなにたくさんの人が来るとは思わなかった」
お施主さまからもよくそう言われます。
多くの人が関わるからこそ、着工式の場で顔を合わせ気持ちをひとつにすることが、いい家づくりにつながると考えています。

着工式では、お施主さまがどのような想いで家を建てるのかも伺います。
その想いを関係者全員が共有でき、その上で家づくりを進められることこそ、寺田建築が着工式を大切にする理由です。

心を込めた着工式。寺田建築の家づくりはここからスタートします。

投稿日:

新モデルハウス計画進行中②|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

寺田建築の新モデルハウス建設プロジェクト、着々と進行中です。
10月29日には、普段お世話になっている協力業者の方々も集まり、地鎮祭を盛大に執り行いました。
12月から基礎工事に入り、来年1月末から2月初旬に上棟を予定しています。

モデルハウスが建てられる分譲地ハーベスト豊沢」。

https://suma-hon.com/harvest/

緑溢あふれる風景と、調和した街並みがコンセプトです。
茶畑が広がる気持ちのいいこの土地には、もうひとつ特徴があります。
それが、いずれの区画も菜園付きの土地だということ。
土と触れ合い、自然と一体化するという暮らしが思い描かれた場所なのです。
夕飯に使う野菜を近くの畑に摘みに行く。収穫した野菜をご近所の方と分け合う。
昔の日本にあった、そんな光景をよみがえらせてくれる場所に、私たちの新しいモデルハウスが建ちます。
菜園の隣には巨大なテラスデッキも設置予定で、バーベキュー畑作業の休憩にも使えそうですね。

地域コミュニティを大切に、小さな街をつくることも目的とされているため、ここには建築協定があります(屋根や外壁の素材、建築設備、植樹、外構など)。
この新モデルハウスには、普段、私たちが建てる家と共通する部分もあれば、新しいチャレンジの部分もあります。

これまで培った寺田建築の技術を生かしつつ、これからの時代を見据える新しい家、暮らしを、皆さまにお見せできるのが今からとても楽しみです!