投稿日:

住宅会社選びのポイントは?|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

一生の買い物である住宅を購入する際、当然のことながらその会社選びは重要です。

昔は、家を建てることに「腐心する」とまで言いました。
施工主と施主の双方が苦しみ、悩み、ようやく完成するのが家だという感覚です。

もちろん現代の家づくりにおいて、「苦しみ」とまで言えるものばかりではありませんが、それでも家づくりは、関わる人全員にとって強い思い入れのある特別なものです。

住宅会社選びのポイントは、細かく挙げれば当然たくさんあるでしょう。

好みのテイストに合っているか。
住宅の性能は。
使用する素材に問題はないか。
予算内で施工することが可能か。
アフターサービスの体制は整っているか。

これらのことはもちろん大切で、しっかりと検討するべきですが、何よりも大切なことは、これから一緒に家を建てるチームとして、その会社の人たちと長く付き合っていきたいと思えるか、ということだと思います。

大規模なハウスメーカーであれば、家づくりのプロセスによってさまざまな担当者と話をすることになるでしょう。規模が小さければ、最初から最後まで同じ人と関わって進められることもあるでしょう。

悩みや、少しの苦しみがあるかもしれないその期間、一緒にやっていけるか、こちらの話を親身になって聞いてくれるか、そういった観点から住宅会社を検討することも大切にしてみてください。

そうして選んだ会社で建てる家、きっと素敵なものになるでしょう。

投稿日:

注文住宅と規格住宅。それぞれのメリットとは?|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

お客さまそれぞれの理想を叶える注文住宅を専門とする寺田建築ですが、そもそも注文住宅のメリットはどんなところにあるのでしょうか。
今回は規格住宅のメリットと、私たちが得意とする注文住宅のメリット、それぞれをご紹介します。

規格住宅は良い意味で万人受けする家です。動線、間取りなど、標準的な家族の形態、暮らしをベースにプランされており、取り立てて不便や不都合がない家と言えます。
コンセプトがはっきりとしているのも特徴で、「北欧風の家で暮らしたい」など、ある程度明確な意思がある際に、そこに合致する家を見つけることができます。
多くの人に受け入れられる家のため、当然デザインや設計のレベルも高く、その割にコスト面で優位性があるのも規格住宅です。
カタログを見て、オプションを選んでという、車選びに近いものですね。

一方の注文住宅。メリットは何と言っても、自由に設計できることです。
デザイン、テイスト、間取り…、全てはお客さま次第で、世界でたった一つのオーダーメイドの建物ができます。
自由に設計できるということは、その土地に応じた建物が建てられるということでもあります。その土地の特性や環境を考慮して、「そこで暮らすのに最適な建物」という観点で建てることもできるわけです。
既に土地があるのか、土地を探しているのかによって、家づくりの考え方も変わるかもしれません。それも含めて自由なのが、注文住宅なのですね。

寺田建築では、家づくりのための「わくわくノート」をお渡ししています。
好きなデザイン、テイストはあるけれどまとまらない。そんなときはとにかく、たくさんの写真を貼り、お見せください。


https://teradakentiku.co.jp/blog/archives/143/2018/08/21/

私たちがお見せするこれまでの施工事例を参考にしていただくのも良いでしょう。
寺田建築は、お客さまの理想、想いを汲んで、世界に一つだけの特別な家をご提案します。

投稿日:

製材のおはなし|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

木造建築を語る上で、その構造材であるの存在が重要であることは言うまでもありません。
伐採された木は、当然そのまま住宅に使えるわけではなく、建材へ加工する必要があります。その工程が製材です。製材する会社のことは、製材所、材木屋などと呼びますね。

伐採された原木や丸太は、径級や長さ、材質に応じて選別し、製材職人が1本1本見定めます。
その後、特性に応じて、構造材や化粧材など、建築に使うさまざまな用途の材料に加工されるのです。製材職人の腕の見せどころです。
木材にとって「」の有無は、その価値を左右するものです。例えば、無節の木材なら10万円、節があれば5万円と、節が多ければその価値は下がってしまうのです。

凄腕の職人は、製材前の原木、丸太を見て節の有無が判断できるといいます。
より良い材料を見分けることができる、目利きこそが製材職人たるゆえんなのですね。
昔は、家の図面を見ながら「ここの柱にはこの木を」とその場で判断できる製材職人もいました。

家の良し悪しには、そこに使われる材料選びも大きく影響します。
せっかくの木造建築、使われる材料についても知っていただければ、家づくりはより楽しくなり、ご自身の家に愛着も湧くことでしょう。

投稿日:

モデルハウスで知る寺田建築の魅力 後編|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」〜

================================

このたびの台風24号により、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
家屋等の損壊や停電の被害に遭われた皆様、復旧作業に従事されている皆様のご安全を心よりお祈り申し上げます。

================================

こんにちは、寺田建築です。

前回に続き、私たちのモデルハウスについてご紹介します。

実はこのモデルハウス、2階部分は全て寺田建築の事務所スペースになっています。
デスクワークが多い社員にとっては、1日のうち多くの時間を過ごす場所でもあります。だからこそわかる住み心地の良さ。自然素材を多く使った空間は、そこにいる人をやさしく包み込んでくれて、本当に快適なんです♪

1階には打ち合わせスペースのほか、コミュニティルームがあります。
着工式なども行うこの場所ですが、実はレンタルスペースとしても開放しています^^
セミナー習い事趣味サークル活動の場として多くの方にご利用いただいています。
工夫次第でさまざまな使い方ができるこの場所。近所の方、友人と集まり活動する場所をお探しの方等ぜひお問い合わせください!

 

レンタルスペース概要
ご利用時間 9:30~18:30
ご利用料金 1日1,000円(半日500円)
エアコン、トイレ、LAN完備。
必要なものはご利用時に持参してください。
※飲食物の持ち込み、飲食に関するご利用はお断りしております。詳細はお問い合わせください。

さて、こんな寺田建築のモデルハウス兼事務所ですが、実はとなりにも家が。こちらは実際に家族が住んでいる家。リアルな展示場として、経年変化や日常の生活を見ていただくことができます。無垢の床は実際に人が住むとどうなるか。そんなところもぜひご覧ください!
(こちらは、常時開放はしていないため、来場前にご連絡をいただきますようお願いいたします)

投稿日:

家族で考える資金計画|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

家づくりを検討するときこそ、将来の人生設計、家族のライフスタイルを考えるよいタイミングです。
建築費用だけではなくその後必要になるお金のことも慎重に考え、納得して家づくりを進めるようにしましょう。

家づくりはどんなお金がかかるの?

お客さまから資金計画について相談されることはよくあります。
まずお伝えするのが「今後どのような生活を送るかによって、さまざまな面でお金はかかる」ということです。
せっかく素晴らしい家を建てても、ローン返済中に家を手放さなくてはいけない事態に…、そんなことは絶対に避けてほしいのです。

家を買った後のイベント、大きな買い物、進学など、ぜひこの機会にご家族で話し合ってみてください。
まずはご家族を含めお客さまがそういった準備をしていることが大切だと思います。
その上で、私たちからはファイナンシャルプランナー(FP)ご紹介します。

事前にご家族で話し合われた内容をもとに、FPより専門的なアドバイスを受けていただければ、家づくりの準備は万全です^^

私たちがご提示するお見積は基本的に、住宅本体工事と付帯工事、必要な家具・家電購入設置等の諸費用が含まれており、完成後すぐに住める状態のものです。

現在賃貸にお住まいの方であれば、
現在の家賃+どれくらいの金額で新築が建てられるか?
総額よりも、毎月いくら返せるのか?
ということを考えるのがポイントです!

その上で家族で話し合い、FPへの相談と進めていただければ、不安無く楽しい家づくりと新生活が迎えられるのではないかと思います♪

投稿日:

何をどう収納するか|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

皆さんは収納についてどのようにお考えですか?
できるだけたくさんの収納スペースがほしい、広いウォークインクローゼットが絶対ほしい!などさまざまなご要望があるのではないかと思います!

家づくりを進める中で私たちがお客さまに伺うのが、「隠す収納」か「隠さない収納」どちらを望んでいるかということ。隠さないというのは、「見せる」とも言い換えられますね^^

そう、収納と一口にいっても物をしまっておく閉じられた空間とは限らないわけです♪
むしろ見えることによって、整理整頓ができることもある。
そんなことから、家ができた後にどのような収納をするか、それを考えておくのが大事というわけです。

ですから私たちは、上棟が終わり床を貼った状態でお客さまに建物の中を見ていただいています。
そこで家具や収納について相談するのです。

見せる収納であれば、閉じられた空間を作るというよりは部屋のどこに物を置くのか検討してもらうことが大切。
隠す収納であっても、衣装ケースが多いのかハンガーにかかった状態の服が多いのかで、作るべき空間は変わってきます!

ご家族のライフスタイルを振り返り、実際の場所を見て新しい生活で必要になる「収納を考えるのがよいでしょう^^

寺田建築は造作家具製作も得意としています。
建具屋さんが使う特殊な機械も導入することで、ご要望に合わせさまざまな家具をリーズナブルにご提供することができるんです。

隠す収納隠さない収納か、収納スペース、それとも家具を作るか…。
ぜひ将来の生活をイメージして、一緒に楽しみながら家づくりを進めましょう!

本社モデルハウスでは、オリジナルの家具、収納アイデアもご覧いただけますよ♪
打ち合わせ場所にあんな仕掛けが…。
ぜひ遊びに来てください!