投稿日:

BELSをご存知ですか?省エネ性能が高い寺田建築の家|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

2016年4月より「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」に基づく、建築物の省エネ性能の表示制度が施行されました。
私たちのように住宅を提供する事業者は、エネルギー消費性能を表示するように努めければならないとされています。

この表示制度で使われる、第三者による認証ラベルが「BELS(ベルス)」です。
※BELS:Building-Housing Energy-efficiency Labeling System
(建築物省エネルギー性能表示制度)

BELSは国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン」に基づく、第三者認証制度の一つ。冷暖房、照明、換気、給湯など、住宅設備機器のエネルギー合計量が少ないほど評価が高くなります。いわゆる建物の「燃費」を、数値として比較することができます。

省エネルギー性能は5段階の星マークで表示されるとともに、外皮基準も評価の対象
断熱性能の向上に取り組む寺田建築では現在、ほぼ全ての家でZEHよりも厳しいHEAT20 G1の外皮基準(UA値0.56)をクリアしており、さらに性能の高いG2の外皮基準(UA値0.46)のクリアも目指しています。

これからの時代、性能の高い家を建て、それをしっかりと証明することが大切です。

第三者目線で性能が評価されているのは、お客さまにとっても安心できる材料。
性能値がはっきりしていることは、建物の資産価値にもつながります。
寺田建築では、今後も「建物性能の見える化」をどんどん進めていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です