投稿日:

だれでもできる!窓の性能値を上げて快適に|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

平均日射取得率」という言葉をご存知でしょうか。
これは、住宅の中にどれだけ日射が入ってくるかを算出した数値で、省エネ住宅の外皮性能基準の1つ
住宅全体の日射取得量を、壁、床、窓など外皮の合計面積で割った値です。

平均日射取得率は「冷房期」と「暖房期」に分けられます。
そのうち省エネルギー基準の外皮性能に適合しているかどうかを判断するのは「冷房期」。冷房期の平均日射取得率の数値が小さいほど、住宅内に入る日射による熱量が少ないため、夏場の冷房効果が高くなります。

暑い夏の日、建物の外部から熱を取り込まないことは大切です。
ところが、熱を取り込まない建物は、性能基準としては判定されない「暖房期」の数値も、必然的に低くなってしまうのです。

理想は冷房期の平均日射取得率を下げ、暖房期の平均日射取得率を上げることですが、これは建物として矛盾する性能ということになってしまいます。

そこで、窓に関して有効な対策の1つが、後付けのシェード(日よけ)です。
夏場、建物の外側にシェードを取り付け、日射を遮ることで、窓の日射取得率を下げます。
つまり、冬場の日射取得をある程度確保しておけば、夏場は後付けの対策ができるという考え方もあるのです。

日射取得率は窓のみならず、さまざまな条件を含めて算出される数値のため、一概には言えませんが、少なくとも、省エネルギーな住宅を考える上で、太陽光という自然の力と建物がどう関連しているか考えるのは大切なことです。

家づくりの際、また現在お住まいの家への工夫として、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です