投稿日:

無節の杉|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

今日は「」についてお話しようと思います。

 

杉の魅力は、やわらかくあたたかみのある雰囲気意匠性の高さです。

家の中で見えるところに使う「化粧材」にぴったりで、最も目にする機会が多い床材としても最適な素材です。

 

 

木材には、等級というものがあります。

等級を決めるポイントとなるのが「」の存在。

今回は、節を基準にした木材の等級の分け方について、ご紹介します。
(等級は、産地やメーカー、寸法、種類、流通段階などによりニュアンスが変わることもあります)

無節
節が全くないもので、最も高い等級です。

特選上小節
2メートルに1個ほど、鉛筆の芯程度の節がある木材です。

上小節
1メートルに1個ほど、10ミリ以下の節が点在している木材です。

小節
1メートルに1個ほど、25ミリ以下の節が点在している木材です。

生節化粧用一等
大小の節が点在している木材です。
(節には生節、死節、枝節などがあり、状態によってさまざまな評価の仕方があります)

 

 

写真は、無節の杉を床材として使ったお客さまの家。

どこか高級感があり、独特の質の高さを感じられるのではないでしょうか。

もちろんコストは上がりますが、最高等級ならではの雰囲気が漂います。

 

一方、節があるからこそのおもしろさ自然素材としての魅力があるのも事実です。

 

 

化粧材や床材として使われる木は、室内の雰囲気に直結します。

寺田建築では、製材所にも積極的に足を運び、お客さまのご要望に合った材料を選別しています。

これから家づくりを検討する方はぜひ、室内に使われた木の見た目にも注目してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です