投稿日:

熱交換型の換気システムとは!?|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

スーパーウォール工法の家の特徴の一つに、室内を健やかな空気環境に維持できることがあります。

大切なのが計画換気システム」。

建物内の空気の流れを明確にし、必要な空気を外から取り入れ、汚れた空気を室内から外に出す仕組みです。

http://teradakentiku.co.jp/blog/archives/1089/2019/09/03/

換気方式のうち、排気のみを機械で行うものを第三種換気と言い、給気・排気ともに機械で行うものを第一種換気と言います。

第一種換気にあたるのが、「熱交換型換気システム」です。

通常、換気を行う際に外気を取り入れると、外の温度・湿度も同時に取り込むことになります(第三種換気の場合)。

 

冬場であれば暖房した室内に冷たい外気を、夏場であれば冷房した室内に暖かい外気を取り込んでしまうため、若干の冷暖房効率低下が避けられません。

 

熱交換型換気システムは、排出する空気の温度を活用し、外気を取り込む際に室内温度に近づけることで、冷暖房効率の低下を防ぎます。

冷暖房の効いた室内の快適さはそのままに、空気環境を維持できるのです。

 

スーパーウォール工法で選択することができる熱交換型換気システムはECOAIR85」と「ECOAIR90」。

PM2.5(微小粒子状物質)や花粉などの侵入をブロックするフィルターも取り付けることが可能です。

住宅の熱損失のうち15%は換気によるもの。

熱損失を抑えるこの仕組みは、断熱材を4倍厚くするのと同じ効果が得られるとも言われています。

住まいの省エネ性能をより高めることができるのが熱交換型換気システムなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です