に投稿 コメントを残す

2019年の太陽光発電事情|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

現在、寺田建築のお客さまの約半数が太陽光発電を設置されています。
2019年問題」という言葉を聞かれたことがある方もいると思いますが、今、太陽光発電を取り巻く状況はどのようなものなのでしょうか

2019年問題は、すでに太陽光発電を設置されている家に影響があるものです。
太陽光発電など、再生可能エネルギーで発電した電気は、国が定めた価格で買い取る固定価格買取制度」があります。
設置に費用がかかる太陽光発電ですが、この固定価格買取制度により、売電が保証されていて、設置費用をカバーできる仕組み。
この固定価格買取制度は2009年の11月に始まりました(当時は余剰電力買取制度という名称)。

売電価格が保証されるのは10年間
つまり2019年11月から、保証期間の過ぎた家(2009年11月以前に設置した家)で売電価格が下がると予想されているのが、2019年問題なのです。
今後、売電価格下落を見越して、蓄電池などを設置する家も徐々に増えてくることでしょう。

この問題は太陽光発電導入から10年以上経っている家が影響するもの。
そのため、これから太陽光発電を導入する家には影響ありません。
2019年の売電価格は24円/kWh。2009年当初の48円/kWhからは半額となりますが、その分、設置コストも安くなっているため、負担が大きくなることはないでしょう。

とはいえ、設置コストがネックとなり太陽光発電をあきらめる方もいらっしゃいます。
そんなときは、リクシルと東京電力グループによるサービス建て得」を検討してみてはいかがでしょうか。

余剰売電収入を譲渡することで、実質0円で太陽光発電が設置できるこのサービス。
詳しくは、LIXIL TEPCOスマートパートナーズのホームページをご覧ください。

https://www.lixiltepco-sp.co.jp/tatetoku_value/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です