に投稿 コメントを残す

小屋裏収納について|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。
 
小屋裏(屋根裏)収納という言葉を聞いたことがあると思います。
文字通り、最上階の天井と屋根の間、小屋裏のスペースを収納として活用する方法
屋根に角度がついた形状の建物であれば、条件を満たせばつくることができます。
 
この小屋裏収納は建物のスペースを有効活用できるというメリットがあり、お客さまからのご要望も多くあります。
収納スペースの確保は、現代の家における大きなニーズの一つ。
条件がクリアできれば、多くの人におすすめしたい方法とも言えるでしょう。
 

 
ただ、この小屋裏収納にはデメリットとなる部分もあります。
 
多くの場合、小屋裏にははしごを使って登ります。
通常の階段と違い、大きな物は持って登るのが困難な場合も。
せっかく大きな収納スペースを確保しても、運び込むのが億劫になると、使わなくなってしまうものです。
 
また建物の断熱性能面でも不利になることが考えられます
小屋裏収納のスペースをつくる場合、屋根の角度に合わせて断熱しなければなりません。
面積が大きくなる分、当然、費用も上がってしまいます
小屋裏収納がなければ、2階の天井部分を断熱すればいいため、結果として建物全体の断熱性能は上がるのです。
 

 
こうしたデメリットから、収納スペースの確保を目指す場合は、可能であれば2階に納戸を設けることをおすすめしています
納戸があれば収納力は抜群で、何より使うのが楽です。
費用も安く抑えることができます
 
収納に対するご要望が大きかったお客さまからも、2階の納戸はとても好評です。
これから家づくりを始める方は、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です