に投稿 コメントを残す

家事動線の良い家とは|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

住宅会社の施工事例や住み心地を説明する文章ではよく、「家事動線の良さ」が書かれています。

寺田建築でも、家事動線の良さを評価していただくことはとても多く、プランの際にも「家事動線の良い間取りに」というリクエストを受けることがよくあります。

では、家事動線の良い間取りとはそもそも、どのようなものなのでしょうか。

家事動線の良い間取りの基本は、料理、洗濯、掃除などの家事を効率的に行うために、キッチン、洗面室、ランドリースペースへの移動時間を短縮できるようにすることです。
限られた時間の中でも家事を同時進行しやすい間取りとも言えます。

またキッチン内だけで見ても、食器のとりやすさ、調味料を置く場所など、料理のしやすい配置というものがあります。
収納のキャパシティと場所も重要で、掃除や整理整頓のしやすさは家事の中でも重視すべきポイントでしょう。

家事動線が良いというのは、実にさまざまな要素を含んでいることがわかると思います。

家事動線は、住む人や暮らし方によって考え方が全く異なるものです。
ランドリースペースが必要という人もいれば、キッチンと玄関の間にパントリーが必要という人もいて、優先度もそれぞれです。

寺田建築は、「家事動線が良いですよ」と提案するのではなく、いかに丁寧にお客さまの日常をヒアリングするか、いかに具体的に新しい暮らしを想像してもらうかが大切だと考えています。
もちろん、ご要望に対してはアドバイスもさせていただきます。
こんな動きは考えられないか?家族が成長したときは?と、より突き詰めて想像することも重要です。

寺田建築の家が「家事動線が良い」と評価していただけるのは、新しい暮らしを具体的にイメージされているお客さまが多いからと言えるでしょう。

あなたにとっての家事動線の良さ、あなただけの家事動線、ぜひ考えてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です