に投稿 コメントを残す

大工仕事の未来|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

どのような業界であれ、時代とともに仕事のやり方は変わっていきます。
より早く、簡単に、高い成果を出すための新たな技術が日々開発され、世の中に浸透していきます。

家を建てるための大工仕事でも、効率性を重視して、プレカット(※)された材料を組み立てるのが一般的となり、職人らしさを発揮する場面は減ってきているのが実情です。

※プレカット
現場での施工前に、工場などで原材料を切断したり、加工を施しておくこと


当然、使用する道具も変わってきました。
昔は、毎日のように研いでいた「のみ」や「かんな」の刃ですが、現在は使い捨ての刃が中心。
現場に持ち込むのは道具から大がかりでハイテクな機械になっているとも言えます。

技術革新による効率化や生産性の向上はもちろん大切。

ただ、何が起こるかわからない建築現場において、時代が流れても変わらないのは、臨機応変に対応することができる大工職人の仕事です。
現場では、配達されたプレカットの材料を組み立てるだけではなく、道具を使って木を切断したり、加工したりする場面があります。

特に増改築やリフォームは、決まりきった材料を組み立てる仕事ではありません。

建物の構造を理解し、適切な施工をする。そのために道具を使いこなす
これは今後も変わらない職人の仕事と言えるでしょう。

今、寺田建築では若手大工が活躍しています。
最先端の技術を使いこなすこと、職人ならではの道具を使った手仕事
建築業界の未来を担う大工として、どちらも大切にしてほしいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です