投稿日:

地盤改良から始まる安心の暮らし|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

土地の地盤が弱い場合、建物を安全に支えるため地盤を強化する工事を行います。
これを地盤改良といい、調査の上で必要な場合は建物着工前に実施します。
軟弱地盤や地盤改良を適切に行わない土地への建築は、不同沈下(建物がふぞろいに沈むこと)による床のかたむき、ドアや窓の開閉不具合、液状化による建物のかたむきなど、取り返しのつかないリスクがあるのです。

実は袋井市、地盤はあまり強くありません。
そのためほとんどの土地で地盤改良を行っています。

さまざまな方法がある地盤改良の工法ですが、寺田建築は現在、HySPEEDハイスピード工法を採用しています。

この工法では、環境汚染の心配がない天然砕石を使ったパイル(杭)を地盤に合わせて1本1本つくり、埋めることで、周辺の地盤が持つ支持力と複合して地盤が強化されます。
ハイスピード工法の主なメリットは以下の通り。

地震時の衝撃に強い
土壌汚染、環境破壊がなく、周辺地域に住む人の健康被害を起こさない
産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱わず、将来撤去する必要がない
将来、建て替えるときも同程度の建物であれば繰り返し使用が可能
地震時の液状化を排水効果で抑制
砕石のみを使用するためCO2排出を削減できる
さまざまな地盤に施工できる
劣化や錆のない永久地盤工法

コンクリートのパイルの場合、更地に戻す際に撤去しないと土地の資産評価に影響する、発がん性物質である六価クロムが発生する可能性があるなど、懸念もあります。

新しい家で安心して暮らすために大切なのは、土地と建物を一体に考えること。
寺田建築が採用するHySPEED工法による地盤改良工事スーパーウォール工法による建築が、そこに住む人の安心の暮らしを支えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です