投稿日:

2階リビングについてどう考えるか|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

一般的な2階建て住宅は、1階にリビングやキッチン、洗面、浴室などをつくり、2階には家族の寝室をつくります。

寺田建築の施工する家も基本的にはこのスタイル。
家族構成や暮らし方、敷地面積、予算などにより、その間取りが決定されます。

今回は1階と2階の役割を入れ替えた、2階リビングについて考えてみましょう。

2階リビングの最も大きなメリットは、日当たりです。
家族が集まるリビングは、太陽の光が差し込む日当たりの良い明るい場所であってほしいものです。
また、1階に寝室をつくることで、壁や柱が多くなり、構造上の強さが確保できるため、リビングを大空間にすることも可能です。

一方、2階にリビングがあるということは、常に階段の上り下りが発生するということ。
買い物から帰ったとき、買い物袋をさげて階段を上るのは大変なことです。
子育て世代であれば、1階に寝室があることで子ども部屋の日当たりが悪くなる、子どもの様子が分かりにくいというのも欠点です。

実際には、寺田建築で2階リビングを採用したことはほとんどありません。
というのも、2階リビングの大きなメリットである日当たりの問題は、都会や住宅密集地、狭小地などに家を建てるときに発生するもの。
広々とした空間が手に入りやすい場所においては、1階でも十分に日当たりがよく、重大な問題にはなりにくいのです。

寺田建築は、何十年も住み続けることを大切にしています。
年齢を重ねたときのことを考えればやはり、階段の上り下りが頻繁に発生するよりは、1階に生活の基盤となるリビングがあった方が良いと思うのです。

その土地にあった建物、間取りを考えること、その場所で年齢を重ねることを考えて暮らし方を考えることが大切ですね。

投稿日:

造作家具へのこだわり|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

自然素材をふんだんに使った温もりのある家が特徴ですが、造作家具お客さまに非常に好評です。

造作家具は基本的に、上棟後に家の雰囲気を見て、メジャーを当ててサイズを決め、そのデザイン、機能を決定します。
新しい家での生活をよりイメージしやすい状態で検討できますので、プラン打ち合わせ時は、現在の生活スタイルや収納量などを考えておいていただければ問題ありません。

家具を造作するとき大切にするのは、動線機能
単体で素敵な造作家具はもちろん魅力的ですが、毎日の生活空間で違和感のある存在は避けるべきですし、家具である以上、機能的であることが欠かせません。
シューズクロークパントリー洗面所洗濯物を干すスペースなどは特に、共用部分を作ったり、機能を組み合わせたり、使い分けたりと工夫します。

例えば、洗面所の扉がそのまま収納スペースの扉になる家(写真参照)。

洗面所にはタオルやカゴがあり、その置き場所に困ることがありますが、このような仕様であれば、置き場所を確保した上で、扉がそのまま目隠しになるため、来客時も安心です。
反対側にできたスペースは、食器棚などをつくることで有効利用できます。

これは一例ですが、ハウスメーカーなどに依頼した場合、計画変更が必要な場合もあり、大幅なコストアップも予想されます。
寺田建築には、工夫をこらした造作家具の実例が多数ありますので、写真や見学会などを参考にして、プランの際に方向性だけ決めておけば、そのような心配はありません(見積時には材料費なども想定するので安心です)。

実は寺田建築には自社工場があります。
造作家具へのこだわりは昔から強く、専用木工機械も導入しているのです!

毎日の暮らしの中に溶け込む、便利でデザイン性の高い造作家具は、寺田建築のもう一つの魅力です。

投稿日:

スタッフ紹介:大工 鈴木 拓也|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。
先月に続き、寺田建築の大工を紹介します。
今月は入社7年目の鈴木。
寺田建築の未来を担う、期待の社員です。

‐今、行っている業務について教えてください。
住宅の大工工事です。

‐この業界、会社に入った経緯を教えてください。
以前は別の建築会社で現場監督をしていたんです。
ただ、日に日に自分で建物をつくりたいという思いが強くなり転職を決意し、寺田建築に入社しました。

-仕事への熱い想いやこだわり、仕事の好きなところについて聞かせてください。
お施主さんが気が付かないところであっても、絶対に手を抜かないことです。

-趣味や休日の過ごし方を教えてください。
趣味はゴルフです。
休日は嫁さんと出掛けることも多いですね。

-心に残っている本や映画、音楽はありますか?
映画『ペット』(エーリッヒ・ショイルマン)
嫁さんと付き合う前、初めて見に行った映画です。

-好きな言葉は何ですか?
初志貫徹
楽を覚えると、腕が落ちると思っています。
入社当時の志を忘れず、仕事に取り組んでいきたいと考えています。

-最後にお客さまへのメッセージをお願いします。
理想の住宅が出来上がるようがんばります。
建築中であっても、ご意見、ご要望があれば、気軽に言ってください。

お読みいただき、ありがとうございました。
引き続き当社スタッフを紹介していきますので、楽しみにしていてください!

投稿日:

袋井市豊沢新モデルハウス構造見学会のお知らせ|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

現在、袋井市豊沢に新モデルハウスを建築しています。
完成予定は6月。
先日、上棟式も無事に執り行いました。

多くの方にお越しいただきたいこのモデルハウス。
そこで、建築途中の様子も公開することにしました!

袋井市豊沢新モデルハウスの構造見学会
日時: 2月16日(土)・2月17日(日) 10:00-17:00
住所: 静岡県袋井市豊沢1032-3
お問い合わせ:0538-43-0002

建築途中の建物を見ることができる構造見学会は、完成見学会や、すでに住んでいるお宅を訪問する見学会と違い、内装床材などが張られる前に、基礎構造お客さまの目で確かめていただけます。
あえてこの構造見学会を行うのは、目に見えない部分にこそ家の品質を左右するポイントがあるからです。

・寺田建築が長年にわたり建て続けている高気密・高断熱の家の構造や工法
・地盤の状況
・使われている材料
・防腐・防蟻処理

寺田建築が長年にわたり建て続けている高気密・高断熱の家の構造や工法、地盤の状況、使われている材料防腐・防蟻処理など、完成後は見ることのできないさまざまなポイントをチェックしてみてください。

現地にはスタッフがおりますので、この機会に何でも質問してくださいね!
もちろん、家づくりに関する疑問、不安な点などもお気軽にご相談ください。

皆さまのお越しをお待ちしています。

投稿日:

新モデルハウス計画進行中④|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

袋井市豊沢で進む、寺田建築の新モデルハウス計画
ついに2月1日、2日に上棟を迎えました。

上棟式には、モデルハウス建築に携わる関係者が多数出席。
今後の工事の安全を祈願しました。

上棟は基礎工事の完了後、柱を立てて骨組みを完成させる日を指します。
屋根の一番上の部分を棟木(むなぎ)といい、これを上げることから上棟式と呼ばれるのです。
棟上げ(むねあげ)と呼ぶこともあります。

お施主さまに上棟式に参加していただくこともありますが、今回はモデルハウスのため、参加したのは全て工事関係者。
お酒や塩でお清めをして建物の無事を祈ります。
家の基本構造完成するとても大切な日。
皆、さまざまな思いでこの日を迎えました。

私たちは、このモデルハウスが寺田建築の魅力を一人でも多くの人に伝えることのできる場になればと考えています。
茶畑が広がる気持ちのいいこの環境で、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

ハーベスト豊沢では第2期の販売もスタートしています。
モデルハウスが建つ場所から道を挟んで東側。
自然豊かな小高い丘の上の土地に興味がある方は、見学に訪れてみてはいかがでしょうか。
建築途中のモデルハウスの外観も見ることができます。

投稿日:

「自社大工」が家を建てるということ|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

寺田建築の大工は現在、社員と専属合わせて4人います。
4人は寺田建築の「自社大工」。
今回は、この「自社大工」についてご紹介します。
寺田建築のこだわりでもある自社大工による施工は、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ご存知の通り、さまざまな人が関わって家は完成します。
大工については、お客さまが住宅の建築を依頼した会社から発注を受けた、外部(下請け)の業者であることが少なくありません。
現場で家を形にする大工はまさに職人の仕事。その腕を武器に、個人で活躍している人が多いのです。

寺田建築のように自社大工が施行すると、以下のようなメリットがあります。

融通がきく家づくり
家づくりには、トラブルもあれば、途中で修正、変更の対応に迫られることもあります。
そんなとき、自社大工による施工であれば、迅速臨機応変な対応が可能です。
関係者間での細かな修正、変更の意思疎通が容易で、作業が増えることによるコストをお客さまに負担いただくこともありません。

安定した高い品質の家づくり
気密性断熱性の高い家は、大工の技術そのものと言っても過言ではありません。
寺田建築は20年前から高気密・高断熱住宅を建て続けている老舗でもあり、自社大工は当然、高い性能の家を建て慣れています。
今でこそスタンダードな高気密、高断熱の家ですが、20年前から建て続けている会社は稀です。
寺田建築は当時から「住宅はこうあるべきだ」と考え、イチ早く取り組んでいたのです。
同じ図面、材料、数値であっても、長年携わっている職人の感覚や経験、蓄積された技術で建てられた家はやはり違います。すぐに真似できるものではありません。

メンテナンスの安心感
家が完成した後も、数十年にわたりお客さまとのお付き合いは続きます。
メンテナンス点検を依頼する建築会社に、実際に家を建てた大工がいることは、長く住み続けることを考えても大きな安心につながります。
お客さまの家の見えない部分、柱の1本まで知っている大工が、ずっと面倒を見てくれるのです。

コストには反映されない見えない調整、品質を高める見えない技術と、見えない部分を知っている大工がいる安心感
安心して長く住める高品質な住宅は、見えないところが重要です。
寺田建築は今後も、建築会社に大工がいるという、お客様側からは見えにくいこだわりを大切にしたいと考えています。

投稿日:

次世代を見据えた大工の育成も大切です|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

当社では次世代を見据え、若手大工の育成にも力を入れています。

大工の仕事は、短期間に習得できるものではありません。
5年先、10年先という目線で技術や技能は継承され、良い家づくりは受け継がれます。
しかし、だからと言って必ずしも、10代の頃から長い下積み期間が必要であるとか、修行期間を丁稚奉公のように過ごさなくてはいけない、というものでもありません。
現場で先輩の仕事を見て、技を盗んだり覚えたりすることは大切ですが、今はしっかりとした養成機関もあり、体系的に仕事を学ぶことができます。
実際に30歳を過ぎて大工になった社員もいます。

寺田建築に所属する社員大工は現在2人。
他の社員と同じような待遇条件で働いています。

2人とも未経験で寺田建築に入社し、学校にも通いながら大工仕事を覚えました。
授業料は会社が負社します。会社員として働きながら通うため、当然給料も支給されます)
個人では揃えるのが大変な大工道具も、会社所有のものを使うことができるため、仕事を始めるときの負担も少ないでしょう。
もちろん、新しいものが必要になれば会社が購入しています。

若手大工の育成は、寺田建築のためでもあり、お客さまのためでもあります。
建てて終わりではない私たちの家。建てた後も何十年とお付き合いは続きます。
寺田建築は、家を通して、世代を越えて皆さまとつながっていたいと考えています。
だからこそ必要な若い力

現在、これからの寺田建築を支えてくれる新しい人材の募集もしています。
寺田建築では、未経験から始め、手に職をつけることができます。
大工の仕事に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください!

投稿日:

住宅会社選びのポイントは?|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。

一生の買い物である住宅を購入する際、当然のことながらその会社選びは重要です。

昔は、家を建てることに「腐心する」とまで言いました。
施工主と施主の双方が苦しみ、悩み、ようやく完成するのが家だという感覚です。

もちろん現代の家づくりにおいて、「苦しみ」とまで言えるものばかりではありませんが、それでも家づくりは、関わる人全員にとって強い思い入れのある特別なものです。

住宅会社選びのポイントは、細かく挙げれば当然たくさんあるでしょう。

好みのテイストに合っているか。
住宅の性能は。
使用する素材に問題はないか。
予算内で施工することが可能か。
アフターサービスの体制は整っているか。

これらのことはもちろん大切で、しっかりと検討するべきですが、何よりも大切なことは、これから一緒に家を建てるチームとして、その会社の人たちと長く付き合っていきたいと思えるか、ということだと思います。

大規模なハウスメーカーであれば、家づくりのプロセスによってさまざまな担当者と話をすることになるでしょう。規模が小さければ、最初から最後まで同じ人と関わって進められることもあるでしょう。

悩みや、少しの苦しみがあるかもしれないその期間、一緒にやっていけるか、こちらの話を親身になって聞いてくれるか、そういった観点から住宅会社を検討することも大切にしてみてください。

そうして選んだ会社で建てる家、きっと素敵なものになるでしょう。

投稿日:

ほどよい大きさの洋風平屋【お客さまの声:袋井市M様】|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。
袋井市で昨年完成したM様の洋風平屋住宅。
新たな家での暮らしが始まったM様に早速、家づくりの感想やこだわりについて伺いました。

-寺田建築を選ばれた理由は何でしょうか?
寺田建築さんとは昔からの知り合いで、以前からその仕事ぶりを見ていました。
実際に建てられた家も見ていて、自分が建てるときはお願いする、と決めていました。

-実際にお住まいになられての感想はいかがですか?
とても快適で、満足しています。

-家づくりでこだわったポイント、ここだけは譲れないというポイントは?
こだわったのは収納スペースです。
まず、玄関横に広い収納スペースを確保しました。

さらに寝室の収納スペースも大容量に。洋服類が全て収まるように、かなりの広さをとりました。たくさん持っているシャツ類を掛けておけるように、ハンガーを掛けるスペースを多くしてもらいました。

-家づくりを振り返ってみていかがですか?
疑問に思うこと、不安に感じることなど、社長と専務がたくさん相談にのってくれたため、とても心強かったです。担当大工の鈴木さんも、細かなところまで気遣ってくれ、本当にうれしかったです。
わがままもたくさん言いましたが、その都度対応していただいたことを感謝しています。

-これから家づくりされる方へのアドバイスやメッセージをお願いします。
私のまわりでも、たくさんの人が家を建てています。
自分が家を建てるにあたっては、さまざまな話を聞きました。
今、感じるのは、私が誰よりも思い通りの家を建てたのではないかということ。
工務店に依頼することの良さは、イチから自分で決められることで、それに勝るものはないと思います。
分からないところは、その都度アドバイスしてくれます。
妥協して決めるような金額ではないからこそ、イチから話し合って決められる寺田建築さんを、私はおすすめします。

M様ありがとうございました!
イチから話し合い、自分だけの家を建てられるのは、注文住宅の醍醐味です。
もちろん、その分疑問や不安も出てくるもの。
そんな疑問や不安を一つ一つ解消しながら進める家づくり、寺田建築は大切にしています。
住み始めた後も、気になることがあれば、何でもご相談ください。

投稿日:

ほどよい大きさの洋風平屋【施工事例:袋井市M様】|〜オンリーワンの本格注文住宅を〜袋井の工務店「寺田建築」

こんにちは、寺田建築です。
くつろぎの注文住宅を建てる寺田建築で、実際にご自宅を建てられた方をご紹介します。
今回は袋井市のM様邸です。

M様邸は、耐久性省エネ性能に優れた長期優良住宅SW工法の家
片流れの屋根に太陽光パネルを載せた、平屋の家です。
平屋というと和風の家を想像する方も多いですが、この家は写真の通り洋風のシンプルな建物。
すっきりとした外観ながら、玄関まわりのアイアンなど、随所にセンスのいい小物を配置してデザイン性の高い住宅に仕上がっています。

収納スペースをしっかりと確保したのもこの家の特徴です。
2階建ての家に比べ、平屋はどうしてもスペースに限りがあります。収納スペースを犠牲にすることもありますが、こちらの家は一か所の面積を増やすことで、収納力を確保
玄関横のシューズクロークは特に、かなりの広さがあります。

内観の特徴は、寺田建築が得意とするのやわらかさを生かした居住スペース。
明るいリビングの天井には、アクセントのが静かな存在感を放ちます。

一方、トイレや洗面など水まわりはスタイリッシュなデザイン。
家の中でさまざまな表情、雰囲気が楽しめる注文住宅ならではの家です。

最近、コンパクトな暮らしを求める方が年齢問わず増えています。
ほどよい大きさのM様邸は、平屋の標準的な大きさ、間取りとして、平屋検討中の方には参考になるのではないでしょうか。

敷地面積:約50坪/延床面積:約23坪
間取り:2LDK